@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェン岩【フェンがん】

岩石学辞典

フェン岩
混成作用による優白質アルカリ閃長岩で,ジュヴァイト(juvite)と共に産出し,イジョライトとの接触部で花崗岩─片麻岩の熔融により形成されたもの[Brögger : 1921, 1921].粒状でアルカリ長石エジリンオージャイト,ときにNa-角閃石からなり,方解石,スフェン,燐灰石ジルコンなどを伴う.この岩石は,ブレガーがフェン地方の環状複合岩体の外側の角礫岩化した花崗岩質の岩石を交代作用による変質作用で形成されたと考えたものであるが,その後カーボナタイトと密接な関係があることがわかってきた[Brögger : 1921, Echermann : 1948].ノルウェー南部,フェン(Fen)地方に因む.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェン岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェン岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation