@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェーカン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェーカン
Fécamp
フランス北西部,セーヌマリティム県港町ルアーブルの北西約 40km,イギリス海峡にのぞむ。7世紀女子修道院が建設され,巡礼地となる。北欧民族の侵入により破壊されたが 10世紀末に再建,ベネディクト会のトリニテ修道院がおかれた。 12世紀以降地方商港として発展。現在はニシン・タラ漁の根拠地。魚の缶詰,タラ乾燥,ベネディクティンリキュールなどの工場がある。トリニテ聖堂 (12世紀) ,ノルマンディー公の城址などがある。 1920年以後は海浜保養地として発展。人口2万 1143 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェーカン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェーカンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation