@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェーン現象【フェーンげんしょう】

精選版 日本国語大辞典

フェーン‐げんしょう ‥ゲンシャウ【フェーン現象】
〘名〙 山から乾燥した高温の風が吹きおりる現象。山腹をのぼる際に雨を降らせて乾燥した空気が、反対側の山腹を下りる時に断熱変化で気温上昇するもの。日本では日本海側に多く、異常高温、大火などの原因となる。〔日本の気候(1948)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

フェーン現象
風が山脈を越える際、風が山腹を上がる時は100mに付き約0.5℃気温が下がり、山頂を越えて吹き下がる時は100mにつき約1℃温度が上がる現象をいう。もともとドイツのフェーン(Foehn)地方でおきていた現象から命名されたようで、日本では夏の日本海側におこる熱波が有名である。平地に注ぐ空気が乾き、温度が高くなる為、パラグライダーにとっては思わぬ高度を稼ぐチャンスである。ただ、基本的に強く、山を越えてくる風の為、バンピーコンディションであり注意が必要。冬の太平洋側でもフェーンは起きているのであるが、もともとがシベリア寒気団であり、フェーンによる気温の上昇はあまり感じられない。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェーン‐げんしょう〔‐ゲンシヤウ〕【フェーン現象】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェーン現象
フェーンげんしょう
フェーン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェーン現象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェーン現象の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation