@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォイエルバッハ

デジタル大辞泉

フォイエルバッハ(Ludwig Andreas Feuerbach)
[1804~1872]ドイツ哲学者。ヘーゲル学派左派の一人。ヘーゲル批判から唯物論立場に立ち、自らの哲学を「人間学」と呼んだ。宗教批判の書「キリスト教の本質」は、青年期マルクスエンゲルスらに大きな影響を与えた。将来の哲学の根本命題」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

フォイエルバッハ【Feuerbach】
Ludwig Andreas F. 1804~1872 ドイツの唯物論哲学者。ヘーゲル左派に属する。ヘーゲル哲学の神学的性格を批判し、個別的な自然物としての人間学を樹立した。また、神の幻想からの解放を説き、マルクス・エンゲルスに大きな影響を与えた。著「キリスト教の本質」「神統記」など。
Paul Johann Anselm von F. 1775~1833 ドイツの法学者。の父。罪刑法定主義・心理的強制説を説き、近代的刑法理論を確立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

フォイエルバッハ
生年月日:1775年11月14日
ドイツの刑法学者
1833年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フォイエルバッハ
[一] (Anselm Feuerbach アンゼルム━) ドイツの画家。(二)の甥。イタリア絵画の影響をうけ、古典文学に題材をとった作品を多く描き、肖像画にも秀作を残した。代表作「イフィゲネイア」。(一八二九‐八〇
[二] (Ludwig Andreas Feuerbach ルートビヒ=アンドレアス━) ドイツの唯物論哲学者。ヘーゲル左派の代表者。ヘーゲル批判を通して自然主義的人間学に到達。そのキリスト教批判はマルクス、エンゲルスに影響を与えた。著書「キリスト教の本質」など。(一八〇四‐七二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フォイエルバッハ
Ludwig Andreas Feuerbach
1804〜72
ドイツの哲学者
ヘーゲル学派の左派で,独自の唯物論哲学を主唱し,マルクス・エンゲルスに影響を与えた。主著キリスト教本質』。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォイエルバッハ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォイエルバッハの関連情報

関連キーワード

ベートーベン文化岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)ナポレオン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation