@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォス
Vos, Cornelis de
[生]1584?. フルスト
[没]1651.5.9. アントウェルペン
フランドル画家。1608年アントウェルペン親方として登録。その後ペーテル・パウル・ルーベンスの工房で制作。アンソニーファン・ダイクの友人。明るい色調と優雅で誠実な描写上流階級に広く顧客をもった。主要作品『アブラハム・グラフェウス』(1602,アントウェルペン王立美術館),『画家とその家族』(1621,ベルギー王立美術館)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォス
Voss, Johann Heinrich
[生]1751.2.20. ゾンマースドルフ
[没]1826.3.29. ハイデルベルク
ドイツの詩人,翻訳家。「ゲッティンゲン林苑同盟」 Göttinger Hainbundの中心人物。 1776~80年『ゲッティンゲン詩神年鑑』 Göttinger Musenalmanachを発刊。『70歳の誕生日』 Der siebzigste Geburtstag (1780) ,『ルイーゼ』 Luise (95) のような田園詩で有名であるが,むしろ『オデュッセイア』 (81) ,『イリアス』 (93) などの古典の翻訳で高く評価されている。これはゲーテシラーに大きな影響を与えた。そのほかシェークスピアの翻訳もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フォス【Johann Heinrich Voss】
1751‐1826
ドイツの詩人。〈ゲッティンゲン森の詩社〉の同人。極貧の小作人の子として,《農奴》(1774)等でドイツ抒情詩に社会告発の風刺的傾向を加えた。後に,《七十歳の誕生日》(1780)等の明るい田園詩の世界へ移った。最も重要な業績は翻訳で,彼の《オデュッセイア》(1781),《イーリアス》(1793)によって,ホメロスは初めてドイツ人のものになったといわれる。晩年はロマン主義文学に敵対,孤立した。【長屋 代蔵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フォス【Lukas Foss】
1922‐
ドイツ生れのアメリカの作曲家,指揮者。1937年渡米,カーティス音楽学校で学び,さらにクーセビツキーに指揮,ヒンデミットに作曲を学んだ。53‐62年カリフォルニア大学ロサンジェルス校作曲科教授,63‐70年バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督,72年よりイスラエル交響楽団指揮者など各地での指揮活動を通じて,20世紀音楽の紹介に努めている。初期の新古典主義的作風を示す作品として,カンタータ《大草原》(1942)があり,調性を捨てセリーや管理された偶然性を用いる50年代以降の作品に,ソプラノと管弦楽のための《タイム・サイクル》(1960),室内楽のための《エコイ》(1963),テープ音を用いる《チェロ協奏曲》(1966)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォス
ふぉす
Johann Heinrich Voss
(1751―1826)

ドイツの詩人。メクレンブルクの生まれ。ゲッティンゲン詩派に加わり、1775年以降は『ゲッティンゲン文芸年鑑』の編集者。シラーが、その小市民的な生活感情の素朴さを絶賛した『ルイーゼ』(1795)にみられる田園詩形式を得意とし、古典期のゲーテにも影響を及ぼした。またホメロスの精神をみごとに再生させたドイツ語訳『オデュッセイア』(1781)、『イリアス』(1793)の翻訳家としても知られる。

[新保弼彬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォスの関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)イワンウィレム宮本武蔵池田恒興フョードル1世マウリッツ森長可小牧・長久手の戦い存応

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation