@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォボス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォボス
Phobos
火星の,内側の衛星。 1877年に A.ホールが発見。光度 11等。公転周期は7時間 39分で火星の1日の約3分の1なので,少くとも火星の1日に2度西から出て東に没することになる。主星からの距離は約 9400kmできわめて近いため,火星の両極地方からは観測することができない。大きさは半径 14× 11× 10kmの不規則な楕円形岩塊で,その長軸は軌道面内にある。 1972年のアメリカのマリナー9号や 76年のバイキング2号の写真によると,表面に数多くのクレータが見られる。 20世紀になって平均運動の増加が観測され,火星の希薄な大気との摩擦によるという見方から,59年にソ連の I.シクロフスキーは,フォボスは中が空洞人工衛星であるという説を出した。 18世紀の F.ボルテールの『理想郷物語』や J.スウィフトの『ガリバー旅行記』にすでに火星の小さな2つの月についての記述があるが,これはおそらく 1610年に J.ケプラーが科学的根拠なしでそのようなことをいったことによるらしい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォボス
デイモスとフォボス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フォボス(Phobos)
火星の第1衛星。1877年に発見された。名の由来はギリシャ神話の恐怖の神。軌道が低く公転速度が火星の自転速度より速いため、火星の西の空に1日に2回昇る。火星に引き寄せられつつあり、いずれは衝突すると考えられている。非球形で長径は27キロ、短径は19キロ。表面温度はセ氏マイナス40度。→ダイモス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フォボス【Phobos】
火星の第I衛星。1877年,A.ホールによって発見された。語源ギリシア語で〈敗走〉の。火星の中心から9384km(火星半径の2.76倍)のところを0.31891日で公転している。直径27km×21.5km×19kmのじゃがいものような形をしており,質量は1.3×1019g(火星の2.0×10-8倍)で,平均密度は2.2g/cm3と求められる。表面は多くのクレーターとひっかき傷のような溝におおわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォボス
ふぉぼす
Phobos

火星の衛星。1877年にアメリカ海軍天文台のホールが、もう一つの衛星デイモス(ダイモス)とともに発見。軌道の半径は約9380キロメートルで、火星表面から5980キロメートルしか離れていない。ほとんど火星の赤道面上の円形に近い軌道を7時間39分余りで公転している。この周期は火星の自転周期より短く、火星から見ると西から昇って東に沈むことになる。フォボスは火星が地球に接近したときでも11等級にしか見えず、大望遠鏡でなければとらえることはむずかしい。火星探査機の観測により、その大きさはおよそ13×11×9キロメートルの不規則な楕円(だえん)体で、表面にはクレーターやかき傷のような地形があること、また表面は反射能が著しく低く、暗い色をしていることなどがわかった。

 デイモスとともに火星の引力に捕獲された小惑星であろうとの説が有力である。

[村山定男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フォボス
(Phobos ギリシア語で「敗走」の意) 火星の第一衛星。直径二七×二一・五×一九キロメートルの楕円形。公転周期は火星の自転周期よりも短く、約七時間三九分。一八七七年アメリカの天文学者A=ホールが発見。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォボス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォボスの関連情報

関連キーワード

おもなお雇い外国人ドガ主義西郷隆盛菊池大麓杵屋六左衛門西南戦争チャイコフスキーピサロホプキンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation