@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォリー
folly
庭園内に配置される非実用的で奇想な建築物や工作物。塔やオベリスク,人工の廃虚,神殿や橋,ミニチュアの城や聖堂などさまざまな形態がある。ハドリアヌス帝のビラニンファエウムをはじめ,庭園には本来フォリーが設けられることが多いが,一般に 18世紀イギリスの風景式庭園のものをいう。古代ローマ風のや橋,オベリスクなどに加え,オリエンタリズムロマンチシズム風潮とともに,中国のパゴタやイスラム風のパビリオン,ゴシック聖堂などが造られるようになり,特に形の面白さのみをねらった奇矯なものが多いことからこの名称が生れた。流行は大陸に飛び火し,ヨーロッパ各地で造られ,18~19世紀には書斎など機能を備えたものも考案された。近年,設計競技の主題になるなどの動きがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォリー
ふぉりー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation