@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォルスター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォルスター
Forster, Johann Georg
[生]1754.11.26. ダンチヒ(グダニスク)近郊ナッセンフーベン
[没]1794.1.12. パリ
ドイツの自然科学者。 J.クックの第2次世界周航に参加し,1777年『世界周航記』A Voyage Round the World (Reise um die Welt〈1778~80〉) を著わした。自然科学者として,78~84年カッセル,84~87年ビルナ各大学教授を歴任,88~92年マインツ選帝侯図書館司書。 A.フンボルトとともにヨーロッパ各国を旅行し,『ライン下流域の景観』 Ansichten vom Niederrhein (3巻,91~94) を著わした。政治的には,フランス革命の理念に共鳴し,92年フランス軍の進駐とともにできたマインツ共和政府の副大統領に推されたが,パリに外交交渉におもむいている留守中,マインツは 93年プロシア軍に占領され,失意のうちにパリで客死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォルスター
Vorster, John
[生]1915.12.13. ジェームズタウン
[没]1983.9.10. ケープタウン
南アフリカ共和国の政治家,法律家。首相(在任 1966~78),大統領(在任 1978~79)。本名 Balthazar Johannes Vorster。オランダ移民の子孫。ステレンボッシュ大学卒業後,弁護士となった。1953年に下院議員に当選。1961年に法務大臣となり,1966年9月に暗殺されたヘンドリク・F.フルウールト首相の跡を継いで首相の座につき,同時に国民党党首に選ばれた。党内では右派として強硬なアパルトヘイト人種隔離)政策を唱えたが,1970年5月に初めて黒人国家のマラウイを訪問し,経済協力協定に調印するなど柔軟な姿勢に転じた。1974年から対外的には積極的な人種的デタント政策を展開し,国内ではアパルトヘイト政策の部分的緩和を実施するなど,少数白人政権の生存のために必死の努力を続けた。1978年9月に首相の座を P.W.ボータに譲って大統領に就任。1979年6月,国際世論をかわそうとして行なわれたムルダーゲートと呼ばれる外国マスコミ買収工作が発覚し,同 1979年に大統領を辞任した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フォルスター【Johann Georg Adam Forster】
1754‐94
ドイツ啓蒙主義後期の知識人。ダンチヒ(現,ポーランド領グダンスク)近郊の生れ。J.クック船長の航海同行,《世界周航》(英文。1777)を著す。《ニーダーラインの展望》3巻(1791‐94)では鋭い観察眼をもって各地の風景,地誌,文化のほか,フランス革命の余波に揺れる政治情勢をも記す。革命支持派としてマインツのジャコバン・クラブに参加(1792),革命下のパリに赴き,その情勢をドイツに伝え,革命の意義と必然性を説くが,同地で客死。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フォルスター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォルスターの関連情報

関連キーワード

ニューカッスル公ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争メングスアメリカ合衆国史(年表)地色角ぐむ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation