@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォンタネージ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォンタネージ
Fontanesi, Antonio
[生]1818.2.23. レッジョエミリア
[没]1882.4.17. トリノ
イタリアの画家。 1832年レッジョの市立美術学校に入学。 1847年第1次イタリア独立戦争に参加し,除隊後ジュネーブに住む。しばしばヨーロッパ各地を旅行して新しい絵画思潮に触れたが,ことに 1855年のフランス旅行で発見したバルビゾン派の自然描写と,1865~66年のロンドン滞在中に見たターナーとコンスタブルの光の表現に強い影響を受け,光の微妙な効果をとらえた自然描写のうちに,繊細な詩情を漂わせる独特の画風を確立。 1866年イタリアへ帰り,1868年ルッカの美術学校校長兼教授,1869年トリノのアルベルティーナ美術学校風景画教授。 1876年官設の工部美術学校の創立に際し,明治政府に招かれ,1878年まで日本で教鞭をとった。わずか2年間の滞在であったが,浅井忠小山正太郎松岡寿ら多くの画家を育て,日本の洋画発展に尽くした。 1879年アルベルティーナ美術学校教授に復職したが,健康を害し4年後にした。主要作品『徒渉』 (1861) ,『十月の朝』 (1862,ローマ国立近代美術館) ,『嵐の前』 (1874) ,『春の太陽』 (1875~76) ,『サン・マウロのポー河の夕暮』 (1880~81,トリノ市立近代美術館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フォンタネージ(Antonio Fontanesi)
[1818~1882]イタリアの画家。バルビゾン派の影響を受け、風景画にすぐれていた。明治9年(1876)来日、工部美術学校教授となり、浅井忠(あさいちゅう)小山正太郎などを指導

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

フォンタネージ Fontanesi, Antonio
1818-1882 イタリアの画家。
1818年2月23日生まれ。トリノの王立美術学校教授。明治9年(1876)工部美術学校の教師として来日。浅井忠(ちゅう),小山正太郎らをそだてた。11年帰国。1882年4月17日死去。64歳。レッジョ-ネレミリア出身。滞日中の作品に「不忍(しのばずの)池」「牧牛」などがある。
格言など】天然を師とせよ(帰国にあたり学生にのこした言葉)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

フォンタネージ【Antonio Fontanesi】
1818‐82
イタリアの画家。レッジォ・エミリアに生まれる。同地の美術学校で地方画家のプロスペロ・ミンゲッティに学び,1848年トリノへ出てイタリア独立戦争に参加。除隊後はスイスに滞在するが,55年のパリ万国博覧会を機にパリへ出て,コローやテオドール・ルソーらバルビゾン派の画家たちの作品に親しみ,またラビエAuguste Ravierをはじめリヨン派の画家とも親交を結ぶ。各地に旅行して制作。風景画のなかにロマン主義の精神によって高揚された生命感を導入。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フォンタネージ【Antonio Fontanesi】
1818~1882 イタリアの画家。1876年(明治9)に来日、工部美術学校で初めて正式な洋画を教えた。バルビゾン派の影響を受けた風景画を得意とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォンタネージ
ふぉんたねーじ
Antonio Fontanesi
(1818―1882)
イタリアの画家。明治時代に来日して日本洋画の育成に貢献した。北イタリアに生まれる。郷里のレッジョ美術学校卒業後、フランス、イギリスなどヨーロッパ各地を遊学した。バルビゾン派風の風景画に一家をなし、1868年ルッカ美術学校校長、翌1869年には王立トリノ美術学校教授に進んだ。1876年(明治9)日本政府に招かれて工部美術学校画学科の教師に就任。その本格的な西洋画法の伝授は、浅井忠(あさいちゅう)、小山正太郎(こやましょうたろう)、松岡寿(まつおかひさし)、山本芳翠(やまもとほうすい)、五姓田義松(ごせだよしまつ)、中丸精十郎(なかまるせいじゅうろう)(1840―1895)ら、初期洋画壇の多くの俊秀を育てた。病を得て1878年辞職して帰国、トリノに没。『不忍池(しのばずのいけ)』(東京国立博物館)、『牧牛図』(東京芸術大学)などがある。[小林 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フォンタネージ
(Antonio Fontanesi アントニオ━) イタリアの画家。ヨーロッパ各地に遊学し、風景画家として名をなす。明治九年(一八七六)日本政府の招きで来日、工部美術学校教授となり、浅井忠、小山正太郎、五姓田義松らを教えた。二年後帰国、王立トリノ美術学校教授をつとめた。(一八一八‐八二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

フォンタネージ
Antonio Fontanesi
1818〜82
イタリアの画家。御雇外国人の一人
1876(明治9)年政府の招きにより来日し,工部大学校付属美術学校の教授として正規の洋画を教授。多くの学生を指導し明治前期の洋画界の発展に貢献した。門下に浅井忠・小山正太郎らがいる。'78年病気のため帰国。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォンタネージ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォンタネージの関連情報

関連キーワード

サウド家オースティンシェリー梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政アルフェドソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation