@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォームファクター

デジタル大辞泉

フォーム‐ファクター(form factor)
パーソナルコンピューターの筐体内における、マザーボード形状やねじ穴の位置などを規定した規格PC/AT互換機ATXBTXMicroATX仕様などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォームファクター
ふぉーむふぁくたー
form factor
コンピュータを構成するおもな部品の物理的なサイズや形状に関する規定や規格。基板のサイズやコネクター、ソケットの形状、取り付けネジの位置やサイズなどを規定している。それらを共通化することで、さまざまなメーカー間で互換性を保つことができる。対象としては、マザーボード、電源、ライザーカードや拡張カード、ハードディスクドライブ、SSD、サーバーモジュール、パソコンケースなどがあるが、多くの場合はマザーボードの規格をさす。
 マザーボードのフォームファクターでは、ATXとそれを小型化したmicroATXが主流になっており、そのベースとなったのが、1984年にIBMが発売したPC/AT(モデル5170)というパソコンである。IBMではその仕様を公開し(オープンアーキテクチャ)、それを基準とすることで、他社からも同様の機能をもつ製品が出された。これらを総称して、PC/AT互換機(IBM互換機やDOS/V機などともよばれる)といい、それによって一般化したのがAT仕様のフォームファクターである。これが、現在のパソコンの原点とされる。
 AT規格の後継として、1995年にインテル社が発表したPC/AT互換機向けの新たな規格がATXである。そこでは、マザーボードや電源などを規定しているが、パーツの配置やスロットの数、ネジ位置などマザーボードに関する項目がもっとも多いこともあって、マザーボードの規格として扱われることが多い。そのほかにも、BTX、mini-ITX、DTX、Mini-DTXといった、主流ではないが用途に応じた形状やサイズを特徴とするフォームファクターもある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォームファクター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォームファクターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation