@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォームラバー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォームラバー
foam rubber
ラテックス起泡剤を加えて攪拌し,状にしてモールド (金型) に流し込み,そのまま凝固させたのち,高熱空気の中を通して加硫して得た泡状のゴム。軟らかで弾力性に富み,マットレスクッション,あるいは車両用シートなどに使われるが,直射日光や油には弱く老化しやすい。現在では軽さが半分で価格も安く,吸湿性にすぐれたウレタンフォームが開発され,完全に市場を圧してしまった。フォームラバーは応接セットや車両用シートの一部に,高級品として使われているだけである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フォーム‐ラバー(foam rubber)
多孔性・海綿状の軽いゴム。生ゴム原料を泡立て凝固加硫して作る。マットレス・クッションなどに用いる。スポンジラバー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フォームラバー【foam rubber】
ゴムラテックスを泡立たせたまま凝固させたのち加硫してつくる柔軟な多孔質のスポンジ状ゴム。きわめて比重が小さく(0.05~0.08程度),柔らかく,断熱性もあり,クッション性,耐圧縮疲労性にすぐれる。マットレス,敷布団,まくらなどの寝具用,自動車など乗物の座席クッションなどに広く用いられてきたが,ウレタンフォームの出現によって,経済性やハンドリングの容易さなどからこれにとって代わられた。1962年をピークに生産量は低下の一途をたどっているが,家庭用マットレスなどの用途には現在でも使用されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

フォーム‐ラバー
〘名〙 (foam rubber) ゴムのラテックスに発泡剤を加えるか機械的に泡立て、スポンジ状にふくらませ、そのまま固めて加硫したもの。通気性や圧縮回復力にすぐれ、タイヤ、はきもの、防震材、防音材、家具などに利用する。
※澪標(1960)〈外村繁〉「左の背中にフォームラバーが当てられる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォームラバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォームラバーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation