@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フォーレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フォーレ
Fauré, Gabriel (Urbain)
[生]1845.5.12. アリエージュ
[没]1924.11.4. パリ
フランスの作曲家。 L.ニーデルメイエに作曲,サン=サーンスにピアノを学ぶ。 1896年にパリのマドレーヌ大聖堂の合唱隊長,首席オルガン奏者となり,1905年にパリ音楽院院長。 M.ラベルや J.ロジェ=デュカスらすぐれた作曲家を育成した。 03年頃から次第に聴力を失い,20年に引退。主作品は『夢のあとに』 (1865) ,『イスパハンのばら』 (84) ,『レクイエム』 (87) ,劇場音楽『ペレアスとメリザンド』 (98) ,オペラ『ペネロプ』 (1913) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フォーレ(Gabriel-Urbain Fauré)
[1845~1924]フランスの作曲家。歌曲・室内楽曲・ピアノ曲などを多く作曲。「レクイエム」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

フォーレ
フランス南西部のパミエで、教育家の父親の元に生まれた。幼少時オルガンや宗教音楽に触れるうちに音楽の才能を見出され、1854年からパリの古典宗教音楽学校でニデルメイエールに学んだ。
1861年からは ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

デジタル大辞泉プラス

フォーレ
カネヨ石鹸が製造・販売する台所用洗剤のブランド名。商品には除菌タイプと、オレンジオイル配合の「フォーレオレンジ」がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フォーレ【Gabriel Fauré】
1845‐1924
フランスの作曲家,教育者。1854‐65年,パリのL.ニデルメイエールの〈古典と宗教の音楽学校〉で音楽教育を受け,61年以後同校の教師となったサン・サーンスにも師事した。卒業後,初め教会オルガン奏者を職として,96年にはパリのマドレーヌ教会首席奏者(‐1905)となるが,同じ年パリ国立高等音楽院作曲教授に任命され,M.ラベル,F.シュミットらを育てた。1905年院長,20年難聴と健康上の理由により退職。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フォーレ【Gabriel-Urbain Fauré】
1845~1924) フランスの作曲家・オルガン奏者。パリ音楽院院長。「レクイエム」のほか深く内省的な歌曲、室内楽曲を多数作曲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フォーレ
ふぉーれ
Gabriel-Urbain Faur
(1845―1924)
フランスの作曲家、教育者、オルガン奏者。スペインに近い南フランスの町パミエの教育者の家に生まれ、早くから音楽の才能を示した。9歳からパリのニデルメイエール音楽学校に入学、11年間宗教音楽を中心に学ぶ。この間、サン・サーンスのピアノ・クラスでリスト、ワーグナーの音楽に接し、作曲に開眼した。1865年同校卒業後、レンヌのサン・ソブール教会を皮切りに、パリのいくつかのオルガン奏者を歴任し、77年にマドレーヌ教会の楽長、96年には同教会主席オルガン奏者となった。同じ96年からパリ音楽院の作曲法の教授となり、1905年から17年間、同院長を務めた。その80年近い生涯は、ドイツなどへの外国旅行のほかには波瀾(はらん)もない平穏なものであったが、後半生の20年間は、耳の疾患により聴力を失うという不幸のなかで教育と作曲活動に専念して、その名声にこたえた。とくに晩年の作品にみられる気品と深みをたたえた作風は、他の追随を許さない。1909年アカデミー会員となり、清貧のうちにパリに没。死にあたっては国葬が行われている。
 フォーレの創作期は1865年(20歳)から1924年(79歳)までの59年に及ぶ。彼はロマン主義から世紀末のベル・エポック、ダダイスムなど、激動する芸術的潮流のなかにあって、一貫して叙情性の強く、完成度の高い独自の様式を貫き、声楽、ピアノ曲、室内楽の各分野で多くの秀作を残した。なかでも声楽曲がもっとも重要で、ロマン派の詩による『夢のあとに』(1865?)、『リディア』(1870?)など初期の歌曲、ベルレーヌの詩による『月の光』(1887)と『優(やさ)しい歌』(1892~94)、そして最晩年の『幻(まぼろし)の水平線』(1921)などによって、フランスのメロディ(リートの仏訳)は、ドイツ・リートに匹敵するものとなった。そのほかに、『レクイエム』(1887~88)、オペラ『ペネロープ』(1907~13)、多くのピアノ用の即興曲・夜想曲・前奏曲、ピアノ三重奏曲ニ短調(1922~23)、弦楽四重奏曲ホ短調(1923~24、絶筆)がある。[船山信子]
『P・フォーレ・フルミエ著、藤原裕訳『フォーレ――その人と芸術』(1972・音楽之友社) ▽E・ヴュイエルモーズ著、家里和夫訳『ガブリエル・フォーレ――人と作品』(1981・音楽之友社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フォーレ
(Gabriel Fauré ガブリエル━) フランスの作曲家。サン=サーンスにピアノや作曲を学び、多くのピアノ曲、歌曲、劇場音楽などを作曲した。近代フランス音楽を代表する一人。パリ音楽院教授として多くの後進を育成した。代表作「レクイエム」。(一八四五‐一九二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォーレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フォーレの関連情報

関連キーワード

マルクス経済学シューマンポー無言歌イビーインブリーソーパーパーソンフェスカフォック

他サービスで検索

「フォーレ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation