@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フクロアリクイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フクロアリクイ
Myrmecobius fasciatus; numbat
有袋目フクロアリクイ科。体長 23cm,尾長 17cm内外。口先が突き出し,長い舌をもっている。体は黄褐色で,背に白い横縞がある。昼行性。倒木などを前肢を使ってこわし,中にいるアリやシロアリを長い舌でなめとる。1回に4子ほどを産む。育児嚢発達は悪く,袋にならない。オーストラリア南西部のシロアリが多いユーカリ森林にすむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フクロアリクイ
ふくろありくい / 袋蟻食
banded anteater
numbat
[学] Myrmecobius fasciatus

哺乳(ほにゅう)綱有袋目フクロネコ科の動物。オーストラリア南西部に分布する。頭胴長22~24センチメートル、尾長16~18センチメートル、体重275~450グラム。体形はリスにやや似ているが、吻(ふん)は長くとがり、舌は普通のアリクイと同じように細長く、ミミズ状で長さ10センチメートルぐらい、口の外へ出すことができる。後足の第1指を欠く。体毛は短く粗く、体色は赤みがかった栗(くり)色で、体の後部にいくにつれて暗色となる。背の部分に白い横縞(よこじま)があり、目に黒い筋(すじ)がある。歯は小さくて虫食に適し、52本ある。雌の腹部には育児嚢(のう)があるが、発達は悪くあまりはっきりしない。乳頭は4個ある。ユーカリの森林に単独ですみ、朽ち木のうろや割れ目などに木の葉や草で巣をつくる。主食はシロアリで、長い舌を出し入れしながらなめ取る。普通1産4子で、生まれたばかりの子の目は閉じ、毛も生えていない。飼育はたいへんむずかしく、野生のときと同じような餌(えさ)を与えてもあまり長生きしない。ユーカリの林の開発と、移入されたキツネ、ネコ、イヌなどにより捕食されたために減ったので、保護されている。

[中里竜二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクロアリクイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フクロアリクイの関連情報

関連キーワード

航空写真航空カメラ大鼓オシドリカラスバトカワラバトクマネズミケリコトドリダイコクネズミ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation