@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フクロオオカミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フクロオオカミ
Thylacinus cynocephalus; Tasmanian wolf
有袋目フクロオオカミ科。タスマニアオオカミともいう。全長1~1.3mで,そのうち尾長は 50~65cm。外見イヌに似る。背面淡灰色ないし黄褐色で,16~18条の黒褐色がある。腹面は淡色と耳の周囲に白色部がある。肉食有袋類中最大であるが,性質は臆病で夜行性。タスマニア島森林草原分布していたが,乱獲され,急速に減少し,1930年以降1頭も捕獲されたことがなく,現在では絶滅したのではないかといわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フクロオオカミ
ふくろおおかみ / 袋狼
thylacine
marsupial wolf
Tasmanian wolf
[学] Thylacinus cynocephalus

哺乳(ほにゅう)綱有袋目フクロネコ科の動物。タスマニア島にのみ分布するため、タスマニアオオカミともよばれる。頭胴長1.1メートル、尾長53センチメートル。外形はイヌ類に似て、吻(ふん)は長く四肢も長い。尾は基部が太く、先にいくにつれてしだいに細くなる。後足の第1指を欠く。体毛は短く、体色はベージュ色またはコルク色で、背から胸、尾にかけて16~19本の暗い黒茶色の横縞(よこじま)がある。雌には育児嚢(いくじのう)があり後方に開口する。乳頭は4個。山岳地帯の谷間、岩石の点在する平原、森林などに生息する。倒木の下や岩石の間、やぶなどを隠れ家とする。おもに夜行性で、単独か、つがい、あるいは家族で、小哺乳類、ワラビー、鳥などを捕食し、ときにはヒツジを襲うこともある。1産2~4子で、子は3か月ぐらい育児嚢にとどまるといわれる。同じ肉食動物であるディンゴとの競争に敗れたり、ヒツジを襲ったことから人間に迫害されたりして、絶滅したのではないかと思われている。その後の調査で、まだ生き残っているという説もあるが、足跡を見たり鳴き声を聞いたというだけで、確実に生き残っているという証拠はまだない。

[中里竜二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクロオオカミ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フクロオオカミの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation