@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フシグロセンノウ(節黒仙翁)【フシグロセンノウ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フシグロセンノウ(節黒仙翁)
フシグロセンノウ
Lychnis miqueliana
ナデシコ科の多年草。北海道を除く日本各地に分布し,山地や林中の陰地に下草って生える。は高さ 50~100cmぐらい,上部で分枝し,軟毛がまばらにあり,はふくれて暗色となる。「フシグロ」の名はこれに基づく。対生する葉は楕円状披針形で先がとがり,葉柄はほとんどない。全縁で縁辺と中肋に毛がある。7~10月に,朱赤色の花を集散花序につける。は無毛で,花弁は5個,全縁である。 蒴果は長楕円形,種子腎臓形黒色である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フシグロセンノウ(節黒仙翁)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フシグロセンノウ(節黒仙翁)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation