@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フス
Hus, Jan
[生]1370頃.ボヘミア,フシネツ
[没]1415.7.6. コンスタンツ
ボヘミアの神学者,宗教改革家。貧農の出で,1390年頃プラハ大学に入り,98年同大学教授,1401年同大学の哲学部長となり,同大学のチェコ化に尽力し,09年同大学総長となった。その間 02年に J.ミリチュの弟子たちが創立したプラハのベツレヘム礼拝堂の説教師となり,宗教改革,民族主義運動の指導的立場に立った。このため 10年破門され,ウィクリフの救霊予定民族自決の原理の放棄をコンスタンツ宗教会議で迫られたが拒否し,焚刑に処せられた。これがのちのフス戦争 (1419~36) の原因となった。フスには多数の宗教関係の著書があるが,チェコ語の正字法の改革,聖書のチェコ語訳の準備にも功績があり,民衆的な基盤に立つ宗教歌の導入にも功績があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フス(Jan Hus)
[1369ころ~1415]ボヘミアの宗教改革者。プラハ大学学長。ウィクリフの影響を受けてローマ教会を批判、コンスタンツ公会議の結果、異端とされ焚刑に処せられた。→フス戦争

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フス【Jan Hus】
1370ころ‐1415
ボヘミアの宗教改革者。南ボヘミアのフシネツ村に貧農の子として生まれる。プラハ大学で神学を修め,1398年に同大教授に就任する。このころイギリスのウィクリフの改革思想に強く共鳴し,救霊預定説を唱え,聖職者,教会の土地所有,世俗化を厳しく非難した。1402年にはプラハのベツレヘム礼拝堂の主任司祭兼説教師に任命され,チェコ語による彼の説教は,民衆の心を巧みにつかんだ。彼は同時に聖書のチェコ語訳を行い,チェコ語の正字法も手がけるなど,チェコ人の民族教育にも力を注いだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フス【Jan Hus】
1370頃~1415 ボヘミアの宗教改革者。プラハ大学学長。ボヘミアの民族主義を背景に、ウィクリフの影響を受けて聖書中心の教説を展開し、世俗化した教会を批判。多くの支持者を得たが破門され、コンスタンツ公会議の結果火刑に処された。 → フス戦争

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フス
ふす
Jan Hus
(1369ころ―1415)

ボヘミアの宗教改革者。農民の生まれ。プラハ大学に学び、1398年同大学教授、1402~1403年には学長を務めるとともに、1402年からプラハのベツレヘム教会の主席司祭を兼ね、チェコ語による説教で市民に大きな感銘を与えた。ボヘミアにはウィクリフの著作が紹介され、フスも1398年ごろからその著作を読んでいたが、ベツレヘム教会での説教の当初はまだその影響はあまり認められず、道徳的革新に力点が置かれていた。しかし同僚チェコ人教授の間にはウィクリフ説を支持する者が多く、彼もしだいにその説に共鳴するとともに、聖職売買や聖職者の堕落を糾弾して、宗教改革運動の先頭にたつに至った。1409年プラハ大学で国民主義的な改革が実施され、彼はふたたび学長に選ばれたが、1410年プラハ大司教はウィクリフの著作の没収と焼却を命じ、その命令を非難したフスとその一派を破門、それはいったん取り消されたが、1412年ナポリ王に対する十字軍の戦費調達のための贖宥(しょくゆう)状(免罪符)販売を激しく批判して再度破門された。彼は南ボヘミアの貴族に保護されて、『教会論』De ecclesiaなどの著作に従っていたが、1414年コンスタンツの公会議に召喚され、皇帝ジギスムントの通行安全証を与えられて同地に赴いたにもかかわらず、そこで逮捕投獄され、1415年7月6日異端の宣告を受けて焚刑(ふんけい)に処せられた。

 フスの思想は、聖書に忠実であることを基本とし、教会の弊風刷新に重きを置いていて、化体説も否定せず、ウィクリフに比べて穏健であった。しかし教会論の著作ではローマ教会の優越的地位やローマ教皇の至上権は否定している。彼の教会批判はチェコ人の民族主義運動と結び付いて、広範な支持を受け、処刑後にはフス戦争が勃発(ぼっぱつ)した。

[中村賢二郎 2018年1月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フス
(Jan Hus ヤン━) ボヘミア(現在のチェコ)の宗教改革者。プラハ大学教授、総長。ローマ教会の教義を認めず、聖書に最高の権威をおくウイクリフの説をとり宗教改革に努め、また聖書のチェコ語訳やチェコ人の民族教育に努めた。ウイクリフ説をとったことにより教皇から破門され、一四一四年コンスタンツの宗教会議に召喚され、異端と断罪されて火刑に処せられた。一四一五年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フス
Jan Hus
1370ごろ〜1415
ベーメンの宗教改革者
農民の子に生まれる。1398年よりプラハ大学の教授。1402年プラハのベツレヘム教会の主任司祭を兼ね,チェコ語による説教を行う。ウィクリフの説に共鳴し,教皇の不正,教会の堕落を攻撃して1411年破門され,異端として聖職を追放された。1414年コンスタンツ公会議の結果,翌年火刑に処せられた。彼の殉教後,ベーメンを中心に支持者がフス戦争を起こした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フスの関連情報

関連キーワード

アビニョン教皇庁応安順帝ティムール朝建徳グレゴリウス11世兪良甫高尾山トンネルをめぐる土地収用雄阿寒岳元史

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation