@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フタバアオイ(双葉葵)【フタバアオイ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フタバアオイ(双葉葵)
フタバアオイ
Asarum caulescens
ウマノスズクサ科多年草本州の福島県以南に分布し,山中木陰に生える。地上をはってから根を出し,葉は一年生で茎の先に 2枚互生してつき,長い葉柄がある。葉身ハート形で質が薄く両面に長い軟毛がある。春に,葉間に柄のある淡紅紫色の花を 1個横向きにつける。花被筒状となるが合着はせず,基部まで裂け目が入っている。上半分は 3裂して反曲する。京都の賀茂御祖神社賀茂別雷神社祭事に用いられ(→葵祭),また徳川家の葵紋もこれである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フタバアオイ【フタバアオイ(双葉葵) Asarum caulescens Maxim.】
温帯林の林床に生えるウマノスズクサ科の夏緑多年草(イラスト)。カモアオイともいう。根茎は太く,地表をはい,先端から名前のように通常は2枚の葉を出す。葉は長い葉柄を有し,円心形で,質は薄く,縁にはまばらな毛がある。春,葉の展開とともに葉間から葉柄よりも短い花梗を出し,その先に1筒の花をうつむきかげんにつける。萼片は汚黄白色で紫褐色を帯びる。基部は筒状となり,先端の裂片は完全に反り返るので,花の全形は椀状に見える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フタバアオイ(双葉葵)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フタバアオイ(双葉葵)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation