@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フタル酸【フタルさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フタル酸
フタルさん
phthalic acid
1,2-ベンゼンジカルボン酸のこと。化学式 C6H4(COOH)2 。ナフタリンまたは o -キシレンを酸化分解するとき生成する。無色単斜晶系柱状晶。封管中で急速に加熱すれば約 230℃で融解する。大気中で加熱すると融点以下の温度で脱水し,無水フタル酸となる。水,エーテルに微溶,エチルアルコールにやや溶ける。塩酸酸性の水溶液からジルコニウムイオンを定量的に沈殿するので,その定量分析用試薬となる。無水フタル酸,安息香酸,合成インジゴの原料である。イソフタル酸テレフタル酸はフタル酸の異性体である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フタル‐さん【フタル酸】
phthalic acid芳香族カルボン酸の一。オルトキシレンナフタレンを熱分解して作られる無色結晶。加熱すると無水フタル酸が得られ、可塑剤合成樹脂染料などの原料にする。化学式C6H4(COOH)2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フタルさん【フタル酸 phthalic acid】
ベンゼン環に2個のカルボキシル基をもつ芳香族ジカルボン酸で,o‐,m‐,p‐の3種の異性体がある。通常フタル酸といえばo‐体をさし,m‐体はイソフタル酸isophthalic acid,p‐体はテレフタル酸terephthalic acidと呼ばれる。
[フタル酸]
 融点191℃(封管中)の無色の結晶で,融点付近で脱水されて無水フタル酸を生じる。クロロホルムに不溶,エーテルに微溶,エチルアルコールによく溶ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フタル酸
ふたるさん
phthalic acid

芳香族ジカルボン酸の一つ。o(オルト)-ベンゼンジカルボン酸ともいう。古くはナフタレンの誘導体と考えられ、ナフタリン酸とよばれたこともある。

 ナフタレンを硝酸または過マンガン酸塩で酸化すると得られる。工業的にはナフタレンまたはo-キシレンを酸化バナジウム系触媒により空気酸化して、無水フタル酸を合成している。融点近くの温度に加熱すると分解して無水フタル酸になるので、融点は加熱の速さにより異なる。無色の結晶。水、エーテルには溶けにくいがエタノール(エチルアルコール)には溶ける。フタル酸自体の用途は少ないが、誘導体である無水フタル酸は合成樹脂の原料、フタル酸ジオクチルは合成樹脂の可塑剤、フタル酸ジエチルは香料の溶剤など広い用途をもつ。

[廣田 穰・末沢裕子 2015年7月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フタル‐さん【フタル酸】
〘名〙 (フタルはPhthal) 芳香族カルボン酸の一つ。ナフタリンあるいはオルトキシレンを熱分解してつくられる無色の柱状あるいは板状結晶。化学式は C6H4(COOH)2 分析用試薬・合成樹脂・染料・医薬品などの原料に用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フタル酸
フタルサン
phthalic acid

1,2-benzenedicarboxylic acid.C8H6O4(166.13).イネの馬鹿苗病菌Gibberella fujikuroiに見いだされた.工業的に,ナフタレンあるいはo-キシレンから五酸化二バナジウムを触媒とする空気酸化により,無水フタル酸として大量に製造される.針状晶.融点191 ℃(封管中).密度1.593 g cm-3.pK1 2.95,pK2 5.41.大気中で加熱すると脱水されて無水フタル酸となって昇華する.エタノール,熱水に易溶,水,エーテルに難溶.フタル酸と高級アルコールのエステルは可塑剤として,ジエチルエステルは溶剤として多量に用いられる.また,ポリエステル樹脂,とくにアルキド樹脂の縮合成分として用いられる.フタル酸のカリウム塩は,加熱により転位してテレフタル酸となる.フタル酸は,青色のフタロシアニン色素の原料として用いられる.そのほか,染料,医薬品などの中間物として種々の用途がある.分析試薬としてジルコニウムの分離・定量にも用いられる.LD50 7.9 g/kg(ラット,経口).[CAS 88-99-3]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フタル酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フタル酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation