@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フタロシアニン染料【フタロシアニンせんりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フタロシアニン染料
フタロシアニンせんりょう
phthalocyanine dye
おもにフタロシアニン銅錯塩の誘導体を原料とする染料。代表的なものにフタロシアニンブルー (銅フタロシアニン) ,フタロシアニングリーン (塩素化銅フタロシアニン) があり,いずれも熱,日光アルカリに対して安定。水溶性誘導体は,木綿用直接染料,紙の着色用,筆記インキなどに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フタロシアニンせんりょう【フタロシアニン染料 phthalocyanine dye】
青色,緑色の染料で,コバルトCoを中心金属としたフタロシアニンである。建染染料,有機顔料として著名な銅フタロシアニンをスルホン化し水溶性とした直接染料,および銅フタロシアニンにスルファミド基-NHSO2を経て長鎖アルキル基を置換した油溶染料などがフタロシアニン染料として有用であり,染料としての性能も高い。【新井 吉衛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

フタロシアニン染料
フタロシアニンセンリョウ
phthalocyanine dye

フタロシアニン骨格を有する染料.銅フタロシアニン(a)の顔料としての優秀性が認められて以来,これを染料に導くための研究が多数行われ,現在ではアゾ系,アントラキノン系につぐ重要性をもっている.たとえば,直接染料(スルホン化されたC.I.Direct Blue 86など),建染め染料(コバルトフタロシアニンを部分スルホン化したC.I.Vat Blue 29),硫化染料(メルカプト基-SHまたはチオシアノ基-SCNを導入したC.I.Sulphur Green 14など),カチオン染料(第四級アンモニウム基を導入したAstrazon Blue 6 GLL.),アゾイック染料(ピラゾロン環を導入したC.I.Azoic Coupling Component 108),反応染料(モノクロロトリアジニル基,トリクロロピリミジニル基,ビニルスルホニル基などの反応基を導入したC.I.Reactive Blue 3,14,15,18,21,25,38,41,C.I.Reactive Green 5など)など多数が合成されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フタロシアニン染料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フタロシアニン染料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation