@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フッカー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フッカー
Hooker, Joseph
[生]1814.11.13. マサチューセッツハドリー
[没]1879.10.31. ニューヨーク,ガーデンシティー
アメリカ南北戦争期の軍人,北軍将軍。初め志願兵を率いて東部戦線で活躍,「ファイティング・ジョー」と呼ばれた。ポトマック軍団司令官に昇進したが,チャンセラーズビルで敗北 (1863.5.) 。戦争後半はテネシージョージアで戦ったが,上層部に軽んじられ,軍隊を去った (68) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッカー
Hooker, Thomas
[生]1586. レスターシャー,マークフィールド
[没]1647.7.7. コネティカット,ハートフォード
アメリカの会衆派牧師。ハートフォードの建設者。「アメリカ民主主義の父」と称される。イギリスでの布教で弾圧され,1633年マサチューセッツ湾植民地に移住したが,そこでも会衆派教会長老と教義上衝突し,信者を率いて西方に移住し,ハートフォードに定住。制限選挙制を批判し,39年コネティカット基本法制定に寄与した。主著"A Survey of the Summe of Church Discipline" (1648) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッカー
Hooker, Richard
[生]1553/1554. デボン,エクセター付近
[没]1600.11.2. ケント,カンタベリー近郊ビショップスボーン
イギリスの法学者,聖職者。主著『教会政治理法論』 Of the Laws of Ecclesiastical Polity (1594~1600) 。これは主としてカルバン派に対するイギリス国教会の護教書であり,そのなかでフッカーは,国教会制度をトマス・アクィナス的自然法論で弁証するとともに,教会と国家の一体性の主張,抵抗権の否定,国教会制度の枠内における宗教的寛容擁護によって,カルバン派に対抗している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フッカー(hooker)
ラグビーで、フォワード最前列中央のプレーヤー。スクラムの際、ボールを味方の方へかき出す。HO。
街娼売春婦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フッカー【Joseph Dalton Hooker】
1817‐1911
イギリスの植物学者。父は植物学者W.J.フッカー(1785‐1865)で,その大きな影響をうけた。グラスゴー大学で医学の学位を取得。ロスJ.C.Rossの南極探検に,軍医補兼博物学者として参加する(1839‐43)。その探検の植物報告書をまとめ,《南極植物誌》(1844‐47)などを公刊する。ついで,北東インドを探検(1847‐51)。その見聞を,一般向けに著したのが《ヒマラヤ紀行》(1854)であり,紀行文学,ヒマラヤ研究の古典として知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フッカー【Richard Hooker】
1554ころ‐1600
英国国教会の聖職者,神学者。オックスフォードで学び,1585年ロンドンのテンプル教会の主任司祭に就任ピューリタンのトラバースWalter Traversとの論争から生まれた《教会政治理法論》(1594)で,ピューリタンの聖書主義を批判し,英国国教会が神の法にも理性の法にももとらず,聖書と初代教会以来の伝統に基づいた教えであることを証した。その契約の理念はのちのロックに影響を及ぼし,そのすぐれた文章は16世紀イギリス文学の傑作に数えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フッカー【hooker】
ラグビーで、スクラム第一列の真ん中の選手。スクラムでボールをかき出す役目。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フッカー
〘名〙 (hooker) ラグビーで、フォワード最前列中央のプレーヤー。スクラムの際、足を鉤のように曲げてボールを味方の方にかき出す役目をもつ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッカー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フッカーの関連情報

関連キーワード

ブルボン朝葛飾北斎ナポレオンノルウェーホーコン[7世]パジェスファン=デン=ブルークモーニッケラクロスミス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation