@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フック【ふっく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

フック(Robert Hooke)
ふっく
Robert Hooke
(1635―1703)
イギリスの物理学者。ワイト島のフレッシュウォーターに牧師の子として生まれる。1648年父を失い、100ポンドの遺産を頼りにロンドンのウェストミンスター校に入学、ユークリッドの幾何学に興味をもった。しかし学費に困って1653年にオックスフォードの給費生になり、1655年王立協会の前身オックスフォード・グループに参加、ボイルの助手になった。1663年協会創立と同時に会員に選ばれ、その実験主任に任命された。1665年グレシャム・カレッジ幾何学教授。1666年のロンドン大火では市の再建計画にあたり監督官兼建築家として活躍。また1677年から1683年まで王立協会の書記として協会の発展に貢献した。
 王立協会の信条であった「実験と証明」にはフックの陰の協力があったとされるほど、優れた実験技術をもち、広範な分野にわたって先駆的業績をあげた。1658年ゲーリケの空気ポンプの改良をボイルと行い、気圧に関するさまざまな実験から、音の伝播(でんぱ)や物の燃焼、動物の呼吸に空気が必要なことなどを明らかにした。1665年著名な『ミクログラフィア』Micrographiaを出版、反フロギストン説の萌芽(ほうが)ともいうべき燃焼理論や熱の運動論的考え、薄膜による光の干渉実験など物理的諸現象の考察を展開した。また自らの手で改良した照明付き顕微鏡による植物の細胞など詳細なスケッチを記載し、この分野の発展に大きな刺激を与えた。1672年ニュートンが「光と色の新理論」を発表したのを契機に、光の分散・干渉理論でニュートンと激しい論争を展開した。1674年には惑星の運動に関する逆二乗則を唱え、のちにニュートンと万有引力について先取権を争った。1678年にはばねがフックの法則に従うことを明らかにした。実用的な複レンズ式顕微鏡をはじめ、気圧計、ねじ式四分儀など多数の実験器具を考案。天文学をはじめ気象、海洋の分野でも優れた研究を残した。[高橋智子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation