@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フック
Hook, Theodore Edward
[生]1788.9.22. ロンドン
[没]1841.8.24. ロンドン
イギリスの劇作家,小説家。『マクスウェル』 Maxwell (1830) ,『ジャック・ブラッグ』 Jack Brag (37) などの社会小説の作者で,サッカレーの『虚栄の市』のワッグ氏のモデル。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フック
Hooke, Robert
[生]1635.7.18. ワイト島,フレッシュウォーター
[没]1703.3.3. ロンドン
イギリスの自然哲学者,物理学者。優れた発想と実験の才能をもち,その活動は広範・多彩であった。オックスフォード大学に学び,ロイヤル・ソサエティの実験主任 (1662) ,同会員 (1663) ,同書記 (1677~82) として当時のロイヤル・ソサエティの実験哲学の推進に尽力。グレシャム・カレッジ幾何学教授 (1665) 。 R.ボイルの助手時代 (1655) ,ボイルとともに真空ポンプ改良に着手し,それを用いて空気の諸性質の研究,とりわけ大気圧の高度による変化を明らかにした意義は大きい。また,1660年には弾性体の伸びに関するフックの法則を定式化,その知見をもとにぜんまい時計を考案。また顕微鏡の取り扱いに優れ,植物について細胞の存在を発見した。振り子の運動を利用して重力を測定できること,地球-月の共通重心が太陽のまわりの楕円軌道を描くこと,重力が距離の2乗に逆比例することなどを示唆し,ニュートンの『プリンキピア』執筆へのきっかけを与えた。光学でも,薄膜に現れる色 (干渉現象) の研究によっての周期性を明らかにした功績は大きい。重力,光の問題をめぐってニュートンと長く論争した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フック(hook)
[名](スル)
鉤(かぎ)。鉤形の留め金。衣服の合わせ目を留める金具。ホック。
物を引っかけるための器具。鉤。
ボクシングで、腕を鉤形に曲げて、相手の側面を打つこと。また、その打撃。
ゴルフで、打球が途中から打者の利き腕の反対側へカーブを描いて飛ぶこと。「フックして左の林に入る」→スライス
顧客や消費者の興味を引くもの。「店頭イベントをフックにして売り上げを伸ばす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フック(Robert Hooke)
[1635~1703]英国の自然科学者。惑星の運動に関する逆二乗の法則や、光の波動説提唱フックの法則の発見、顕微鏡観察による生物細胞の発見など、多分野で活躍

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フック【Robert Hooke】
1635‐1703
幅広い活躍をしたイギリスの科学者。牧師の子としてワイト島に生まれる。幼時より機械製作に関心を示し,オックスフォードで学んだ後,R.ボイルの実験助手として空気ポンプの製作,およびこれを用いての実験などに従事。ついで1662年,ローヤル・ソサエティの実験担当主事となり,つぎつぎと新しい実験を考案し会合で演示した。さらに65年からはオックスフォード大学グレシャムカレッジの幾何学教授をつとめた。66年のロンドン大火にあたっては,C.レンらとともに市の再建計画に測量ならびに建築担当者として参画し王立医学会の建物などを設計,建造した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フック【Sidney Hook】
1902‐89
アメリカの哲学者。ニューヨーク市立大学,コロンビア大学に学び,デューイの哲学に深く影響された。1930年代のアメリカ知識人の左翼化の潮流のなかでマルクス主義に傾き,プラグマティズムとの結合を目ざした。やがて30年代後半のソ連の粛清裁判やトロツキー事件に失望して反マルクス主義に転じ,39年から73年までニューヨーク大学教授となって分析哲学的探求に向かった。おもな著作に,《プラグマティズムの形而上学》(1927),《マルクス理解に向けて》(1933),《理性,社会神話および民主主義》(1940)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フック【hook】
かぎ。また、鉤形のもの。ホック。
ボクシングで、ひじを曲げてわきから打つこと。
ボールが利き腕と反対の方向に曲がってゆくこと。 ⇔ スライス
釣り針。
サーフィンの波頭。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フック【Robert Hooke】
1635~1703 イギリスの科学者。光学・力学など幅広い分野で活躍。フックの法則など多くの発見をし、また科学器具を考案した。惑星運動についての逆二乗法則で万有引力理論の数理的展開を促した。cell(細胞)という語の提唱者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フック
〘名〙 (hook)
① 鉤(かぎ)。鉤形のもの。
※崖(1947)〈梅崎春生〉「私は〈略〉吊床のフックを見て落胆した」
② ボクシングで腕を鉤形に曲げて打つこと。
※モダン学十二講(1933)スポーツ〈平田信〉「ストレートであらうが、フックであろうが、なんでもよろしい物凄いパンチをお見舞して」
③ ゴルフで、打球が中途で打者の利き腕と逆の方向にくいこむように曲がること。また、そのボール。⇔スライス
④ ボウリングで、投げたボールがピンの手前で、投げた人の利き腕と逆の方向に鋭く曲がること。また、そのボール。
⑤ =ホック
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「上着のフックを外しながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フック
(Robert Hooke ロバート━) イギリスの化学者、物理学者、天文学者。天体の運行やその光学的現象を研究して光の波動説の先駆となった。回折現象をグリマルディとは独立に発見。また、フックの法則を発見した。顕微鏡観察による生物細胞の発見でも有名。(一六三五‐一七〇三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フック
Robert Hooke
1635〜1703
イギリスの科学者
弾性の法則(フックの法則)の発見者。ボイルの実験助手として真空ポンプの改良に協力。植物細胞の発見,ゼンマイ時計の発明,ニュートンに先だつ万有引力の着想など,広範な業績がある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

フック
 →かま

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フックの関連情報

関連キーワード

ラングハンスアメリカ合衆国サリエリフェデラリスツモーツァルトラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法オーストラリア・ニュージーランド文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation