@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フッサール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フッサール
Husserl, Edmund
[生]1859.4.8. プロスニッツ
[没]1938.4.27. フライブルク
ドイツの哲学者。ウィーン大学で数学を学んだが,ブレンターノの影響を受け哲学に転向。 1887~1901年ハレ大学,01~16年ゲッティンゲン大学,16~28年フライブルク大学で教え,06年以降正教授。『算術の哲学』 Philosophie der Arithmetik (1891) で算術を心理学的に基礎づけることを試みたが,『論理学的諸研究』 Logische Untersuchungen (2巻,1900~01) では純粋論理学,論理主義的現象学を目指した。これはさらに『厳密なる学としての哲学』 Philosophie als strenge Wissenschaft (10~11) で現象学として深められ,『純粋現象と現象学的哲学のための諸構想』 Ideen zu einer reinen Phänomenologie und phänomenologischen Philosophie (13) では先験的現象学を提唱,純粋意識のノエシスノエマ的構造が示された。そして『デカルト的省察』 Cartesianische Meditationen (31) では,相互主観性の問題へと展開,晩年の『ヨーロッパ諸学問の危機と超越論的現象学』 Die Krisis der europäischen Wissenschaften und die transzendentale Phänomenologie (36) では,生命世界を問題とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フッサール(Edmund Husserl)
[1859~1938]ドイツの哲学者。現象学の創始者。数学の研究から出発し、心理主義を排して純粋論理学を提唱。のち厳密な学としての哲学を目指し、先験的意識の本質構造に基づいて対象をとらえようとする現象学に到達ハイデッガーサルトルらに強い影響を与えた。「論理学研究」「厳密な学としての哲学」など。フッセル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フッサール【Edmund Husserl】
1859‐1938
現象学的哲学を確立したオーストリア出身のユダヤ系ドイツ人。1886年にユダヤ教からルター派キリスト教に改宗。学生時代はライプチヒ,ベルリン,ウィーンの各大学で数学と自然科学を専攻し,83年数学の論文によりウィーン大学の博士号を取得。84年から2年間ウィーンのF.ブレンターノのもとで哲学を学び,それ以後哲学研究に専念した。職歴生前の主要著書は以下の通りである。87年から1901年までハレ大学私講師,この間に,基数概念の心理学的分析を試みた《算術の哲学》(1891)と《論理学研究》全2巻(1900‐01)を公刊した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フッサール【Edmund Husserl】
フッセルとも 1859~1938 ドイツの哲学者。現象学の創始者。初めブレンターノの記述的心理学の立場から「算術の哲学」を著したが、のちにその心理主義の立場を自己批判して純粋論理学を構想し、やがて「現象学的還元」の方法を確立して一切の対象的意味を構成する超越論的主観性に立脚した構成的現象学を大成した。後期には意味の発生を解明する発生的現象学の立場に移行し、身体・地平・間主観性・生活世界などの独創的な分析を通じて、ハイデッガー・サルトル・メルロ=ポンティらを筆頭とする現代哲学の展開に多大の影響を与えた。著「論理学研究」「イデーン」「ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フッサール
ふっさーる
Edmund Husserl
(1859―1938)
現代哲学の主流の一つをなす現象学を確立した哲学者。オーストリア出身のユダヤ系ドイツ人で、1886年にユダヤ教から福音(ふくいん)派キリスト教に改宗した。学生時代はおもにベルリン大学のワイアシュトラース、クロネッカー両教授のもとで数学を専攻し、1883年1月に数学の論文でウィーン大学の博士号を取得した。その後1884年の冬学期から2年間、ウィーン大学のブレンターノのもとで哲学を学び、その影響により哲学研究をライフワークに選んだ。1886年の秋から、ブレンターノの高弟でハレ大学教授のC・シュトゥンプのもとで心理学や論理学の研究を継続し、1887年の秋に哲学担当の大学教官資格を授与された。これ以後、フッサールは、1901年までハレ大学の私講師、同年から1916年までゲッティンゲン大学の助教授および教授、そして1916年から1928年まではフライブルク大学教授を歴任し、退官後もフライブルクで研究に専念した。[立松弘孝]

著作

生前の著作としては、ブレンターノから学んだ記述心理学的な立場で基数概念の成立過程などを分析した『算術の哲学』(1891)、最初の現象学的労作である『論理学研究』全2巻(1900~1901)、相対主義的諸哲学を批判した『厳密な学としての哲学』(1911)、壮年期の思想的結晶を示す『純粋現象学と現象学的哲学のための諸考想』(通称『イデーン』)第1巻(1913)、フッサールの講義録をもとにハイデッガーが編集公刊した『内的時間意識の現象学』(1928)、論理学的理性の批判を試みた『形式論理学と超越論的論理学』(1929)、相互主観性の問題領域などを詳述した『デカルト的省察』(フランス語版、1931)、歴史哲学的な考察を行うとともに、科学の成立基盤としての生活世界の役割などを主題化した最後の著述『ヨーロッパ諸科学の危機と超越論的現象学』(1936、未完)などがある。しかしこれらの著書以外に、さらに約4万5000ページもの膨大な遺稿があるため、1950年以降それらをもとに著作集『フッサリアーナ』の編集出版が継続され(2009年に第40巻が公刊された)、いまなお次々に新しい研究テーマを提供している。[立松弘孝]

思想

フッサールが解明しようとした哲学的諸問題は、現象学にとってもっとも重要な「意識の志向性」の概念によって組成されている。すなわち志向性とは「自我は意識される対象を意識する」という意識体験の構造を表す概念である。それゆえ現象学の研究領域は、意識作用(=ノエシス)の機能についての認識論的研究と、ノエシスの志向的相関者(=ノエマ)たる諸対象の根元的なあり方についての存在論的考察と、認識や行為の主体としての自我の自己省察の、これら三つの分野を包摂しており、しかもこれらの諸問題をあくまでも相関的に考察する点に最大の特徴がある。ヨーロッパ諸科学の危機は自然科学的客観主義と哲学的主観主義の離反に由来すると考えていたフッサールは、自我の意識生活と対象的世界との相関関係を解明することによって、学問の新たな基礎づけを行うとともに、人間にとっての学問の意義を再確認しようとしたのである。これら一連の諸研究が現象学とよばれる理由は、自分自身の意識体験を反省的に直観することによって、その反省のまなざしに現れてくる意識作用と対象の諸現象を、予断を交えず忠実に記述しようとするからである。
 このような反省的直観による記述は現象学にとって基本的な方法の一つであるが、しかしこのような考察態度をとることはけっして容易ではない。なぜなら自然科学者も含めて通常人々は、素朴な客観主義的態度で外界の諸事物にのみ関心を向け、しかも主観にとって超越的なそれら諸事物があたかも主観の意識作用とは無関係に独自に存在しているかのようにみなしているからである。しかるに、超越的客観の諸性質や実在がいかにして認識されうるのかという問題を、ノエシスとノエマの志向的関係という観点から究明するのが、まさに「超越論的」現象学の第一の課題である。それゆえ客観主義の習性を打破して現象学的反省を遂行するためには、客観的世界についての無反省的な実在定立を一時停止して、考察のまなざしを自己の意識体験の内在領域へ反転させなければならない。現象学固有の研究領域を開示するのに不可欠なこの方法が現象学的または超越論的還元であり、この還元の結果、諸対象とその世界はもはやそれ自体として存在する超越的客観とはみなされず、まさにノエマ的存在者として、認識主観によってそれぞれの存在の意味を与えられた存在者であることが解明される。そしてこれに伴って志向性の概念も、ただ単に対象に関係し、対象を思念する働きにとどまらず、対象に意味を付与するという仕方で対象を構成する主観の機能と解されることになる。とはいえ、このような構成が可能になるためには、主観に対して自らを示現する客観の側から、主観がその認識の質料を受容しなければならず、しかも客観的世界を真に構成するのは、個々の主観ではなく、相互主観性ないしは共同主観性であるから、したがって構成の問題はさらに受動的志向性や他我認識の問題などへ発展していくことになる。
 以上の諸特徴に加えて、現象学のもう一つの重要な性格はつねに本質研究を目ざす点にある。フッサールが本質研究を重視するのは、真の学問は明証的で普遍妥当的な本質認識を希求するものだからである。しかるに、単なる事実研究からは偶然的な認識しか得られない。それゆえ現象学は、個々のリアルな体験事実を記述するのではなく、範例としてのそれら諸事実からそれらの本質への形相的還元を行い、本質直観と本質分析の方法によって、意識体験の構造と機能を解明しなければならない。このように現象学は、リアルな事実から純化されたイデア学(=本質学)であるがゆえに、純粋現象学ともよばれている。[立松弘孝]
『立松弘孝訳『現象学の理念』(1965・みすず書房) ▽立松弘孝訳『内的時間意識の現象学』(1967・みすず書房) ▽立松弘孝他訳『論理学研究』全4巻(1968~1976・みすず書房) ▽長谷川宏訳『経験と判断』(1975/新装版・1999・河出書房新社) ▽フッサール、デリダ著、田島節夫監訳『幾何学の起源』(1976/新装版・2014・青土社) ▽立松弘孝編訳『世界の思想家19 フッサール』(1976・平凡社) ▽渡辺二郎他訳『イデーン』1~3(1979~2010・みすず書房) ▽細谷恒夫編訳『世界の名著62 フッサール他集』(1980・中央公論社) ▽田島節夫著『人類の知的遺産58 フッサール』(1981・講談社) ▽フィンク著、新田義弘・小池稔訳『フッサールの現象学』(1982・以文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フッサール
(Edmund Husserl エドムント━) ドイツの哲学者。現象学の創始者。数学の研究から出発し、ブレンターノの影響により厳密な学としての哲学を目指した。心理主義を批判して純粋論理学の先験性を強調し、純粋意識を本質直観でとらえる現象学に到達した。著書「論理研究」「純粋現象学及び現象学的哲学の構想」。(一八五九‐一九三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッサール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フッサールの関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation