@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フッテン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フッテン
Hutten, Ulrich von
[生]1488.4.21. フルダ近郊
[没]1523.8.29. チューリヒ近郊ウーフェナオ島
ドイツの人文主義者,風刺詩人,騎士。 F.ジッキンゲンとともに騎士戦争を指導した一人。フルダの修道院学校に入ったが脱走。 1515年従兄弟がウルリヒ公に殺されたのを機に,聖俗権威に抗する文筆闘争の生涯に入った。 17年神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世より桂冠詩人に叙せられる。エラスムスを通じて J.ロイヒリン,M.ルターの支持者となる。教会非難と愛国心鼓吹の著述騎士戦争敗北でドイツを追われ,H.ツウィングリの保護を得てチューリヒ湖上の小島で病没。ドイツ人文主義の代表的風刺作品『愚者の手紙』 Epistolae obscurorum virorum (1515~17) の第2巻に寄稿。その他対話録"Vadiscus" (20) ,"Gesprächsbüchlein" (21) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フッテン(Ulrich von Hutten)
[1488~1523]ドイツの人文主義者。カトリック教会腐敗を批判して、ルター宗教改革を支持。帝国騎士戦争に加わったが、敗れてスイス亡命「無名氏書簡集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フッテン【Ulrich von Hutten】
1488‐1523
宗教改革期ドイツの人文主義者,帝国騎士。ヘッセンのシュテッケルベルク城に生まれる。幼時フルダ修道院に入れられたが,人文主義に魅せられて修道院を出奔。ドイツ,イタリア各地を遊学して詩作を発表し,名声を博した。1517年皇帝マクシミリアン1世により桂冠詩人に叙せられる。代表作《蒙昧(もうまい)人の書簡》(1515)は教会の腐敗,聖職者の堕落を嘲罵したもの。ルターの宗教改革が始まるや,これを支持し,また諸侯の除去,帝国の統一,騎士の地位回復などみずからの帝国改革理念を唱えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フッテン
ふってん
Ulrich von Hutten
(1488―1523)

宗教改革時代のドイツの人文主義者、帝国騎士。ヘッセンの居城シュテッケルベルクに生まれる。幼時フルダ修道院に送られたが、人文主義に魅せられて修道院を出、ドイツ、イタリア各地を遊学して詩作を発表、名声を博した。1517年神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世により桂冠(けいかん)詩人に叙せられる。代表作『蒙昧(もうまい)人の書簡』は教会の腐敗、聖職者の堕落を痛烈に批判したもの。ルターの宗教改革を知るやこれを強く支持し、また帝国の統一、騎士の地位回復など自らの改革理念の実現のため、親友の帝国騎士フランツ・フォン・ジッキンゲンと協力して、22年8月「騎士戦争」を起こした。しかし、戦いに敗れスイスに逃れ、まもなくチューリヒのウフェナウ島で病没した。彼のことば「世紀よ、世紀よ、学問はおこり、芸術は栄える。生きることは愉快だ!」は、時代の精神をよく表している。

[瀬原義生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フッテン
(Ulrich von Hutten ウルリヒ=フォン━) ドイツの人文主義者。ルターの宗教改革を支持。ジッキンゲンとともに教会諸侯に対する帝国騎士の反乱である騎士戦争の思想的代弁者となったが、敗れてスイスに亡命した。(一四八八‐一五二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フッテン
Ulrich von Hutten
1488〜1523
ドイツの人文主義者
ルターの宗教改革を支持。教会・諸侯の勢力におされて没落する騎士階級の再興をはかり,ジッキンゲンに協力して1522年騎士戦争を起こしたが失敗,亡命してスイスで病死

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フッテンの関連情報

関連キーワード

真然比丘尼ベロッキオ大分県のヒラメ養殖平成新山加賀の一向一揆観世長俊喜望峰十才子ディアス富樫政親

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation