@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フッ化ホウ素【フッカホウソ】

化学辞典 第2版

フッ化ホウ素
フッカホウソ
boron fluoride

三フッ化ホウ素BF3と,四フッ化二ホウ素B2F4がおもであるが,そのほかにB3F5,B8F12なども知られる.【】三フッ化ホウ素(boron trifluoride):BF3(67.81).無色の刺激臭のある気体で,平面三角形分子.B-F1.30 Å.∠F-B-F120°.B-F結合エネルギー641.6 kJ mol-1 で非常に強い.融点-127.1 ℃,沸点-99.9 ℃.強いルイス酸で,付加化合物をつくりやすい.フリーデル-クラフツ反応など有機合成の触媒に用いられる.[CAS 7637-07-2]【】四フッ化二ホウ素(diboron tetrafluoride):B2F4(97.62).室温では無色の気体.BOとSF4との反応,B2Cl4のフッ素化などでつくる.気体,結晶とも,対称心がある平面分子(F2BBF2).B-F 1.31 Å,B-B 1.72 Å.∠F-B-F 120°.融点-56.0 ℃,沸点-34 ℃.Cl2 と反応して,BF3とBCl3になる.[CAS 13965-73-6]【】五フッ化三ホウ素:B3F5(127.43).高温・低圧でBの結晶とBF3との反応で得られる気体BFを,低温で凝縮させた生成物のなかから単離された.低温では無色の固体.約-53 ℃ で融解とともに分解する.構造はF3B-BF-BF3と考えられている.[CAS 15538-67-7]【】十二フッ化八ホウ素:B8F12(314.47).B3F5を,-30 ℃ で分解すると,不均化反応,

4B3F5 → 2B2F4 + B8F12

によって得られる.構造は,(F2B)2B(μ-BF2)2B(BF2)2と考えられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッ化ホウ素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フッ化ホウ素の関連情報

関連キーワード

フルオロホウ酸(塩)塩基ポリ(ビニル=メチル=エーテル)フッ化ホウ素計数管ルイス酸・塩基塩基電子不足化合物配位化合物三フッ化ホウ素配位結合

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation