@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フッ化物【フッかぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フッ化物
フッかぶつ
fluoride
フッ素と他の元素との化合物総称フッ化水素酸と金属またその酸化物との反応,蛍石硫酸と金属酸化物との反応,非金属元素とフッ化水銀との反応などにより製造される。金属のフッ化物は融解しやすい。一般に水に易溶のものが多いが,アルカリ土類金属,希土類元素,トリウムのフッ化物は水に難溶である。安定なものが多く,希酸によって分解されないが,濃硫酸と熱するとフッ化水素を発生する。蛍石はカルシウムのフッ化物で,フッ化水素の製造に用いられる。非金属のフッ化物は気体液体のものが多い。チタンおよびジルコニウムの製造には,それらのフッ化物の融解電解法が採用されている。また揮発性の六フッ化ウランを用い,ウラン同位体の分離が行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

フッ化物
 フッ素の塩.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フッ化物
ふっかぶつ
fluoride

フッ素と他の元素との化合物の総称。ほとんどすべての元素のフッ化物が知られる。単体または酸化物にフッ化水素酸を作用させるか、単体間の直接反応で得られる。フッ素は電気陰性度がもっとも大きいから、フッ化物中のフッ素の酸化数はつねに-Ⅰと考えられる。電気陽性な非遷移元素はフッ素とイオン結合性結晶をつくる。リチウム以外のアルカリ金属と銀のフッ化物は水に溶けるが、アルカリ土類金属の塩は水に溶けにくい。たとえば、蛍石(ほたるいし)CaF2などがそうである。非金属元素はフッ素と共有結合性の分子をつくり、常温で気体または液体のものが多い。たとえば、硫黄(いおう)のフッ化物のうち5種が気体、1種が液体である。フッ化ケイ素はフルオロ錯イオンをつくる。遷移元素では、酸化数の異なるフッ化物が多数知られる。たとえば、ウランには三、四、五および六フッ化物などがある。酸化数が高くなるにつれ、融点が低くなる傾向がみられる。フッ化物はフッ素およびフッ素化合物の原料となる。

[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フッ化物
フッカブツ
fluoride

フッ素と他の元素との化合物の総称.フッ素は元素中で電気陰性度がもっとも大きいので,フッ化物ではつねに酸化数は-1である.金属またはその酸化物,水酸化物,炭酸塩フッ化水素を作用させるか,元素間の直接反応,複分解などによりつくられる.陽性の強いアルカリ金属,アルカリ土類金属などのフッ化物はイオン結合性で,一般に融点,沸点が高く,溶融塩には電気伝導性がある.多くのフッ化物は水溶性であるが,リチウム,アルカリ土類金属,希土類元素のフッ化物は不溶である.非金属および電気陰性度の高い金属のフッ化物は共有結合性であり,一般に揮発性で,常温で気体状のものが多い.イオン半径の小さい陽イオンとはBF4,AlF62-,SiF62-のようなフルオロ錯イオンをつくる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッ化物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フッ化物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation