@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フュステル・ド・クーランジュ

世界大百科事典 第2版

フュステル・ド・クーランジュ【Numa‐Denis Fustel de Coulanges】
1830‐89
19世紀フランスの代表的歴史家。ミシュレ,トックビルと並び称される。エコールノルマル・シュペリウール出身。創立まもないアテネのフランス学院に留学した。若き日の著作《古代都市La cité antique》(1864)は,宗教の観点から社会構造を説明する大胆な仮説により大きな反響を呼んだ。その後,古代から中世への移行期の研究へと向かい,大著《旧フランス政治制度史Histoire des institutions politiques de l’ancienne France》6巻(1875‐92)を著した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フュステル・ド・クーランジュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フュステル・ド・クーランジュの関連情報

関連キーワード

奴隷制廃止運動産業革命民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)シャルルルイフィリップ民衆を率いる自由の女神

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation