@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フライ(Roger Eliot Fry)【ふらい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

フライ(Roger Eliot Fry)
ふらい
Roger Eliot Fry
(1866―1934)

イギリスの美術批評家、画家。ロンドンに生まれ、同地に没。ケンブリッジ大学で自然科学を専攻したのち、美術の研究に転向。初めはイタリア・ルネサンスに深い関心を寄せ、ベッリーニやジョットに関する著作を残した。1910年まで約4年間、ニューヨークのメトロポリタン美術館のキュレーターなどを勤める。10年と12年の二度にわたるロンドンのグラフトン画廊での展覧会でゴッホ、ゴーギャン、セザンヌなど「後期印象派」の画家をイギリスに紹介したことは有名。11年以降、C・ベルらとともにブルームズベリー・グループの中心として活躍し、オメガ工房を主宰(1913~19)して陶器や織物など日用工芸品を制作。著書に『ビジョンとデザイン』(1920)、『セザンヌ』(1927)などがある。

[谷田博行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フライ(Roger Eliot Fry)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フライ(Roger Eliot Fry)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation