@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フラマン語【フラマンご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フラマン語
フラマンご
Flemish language
フレミア語ともいい,広義ではベルギー北部で行われる公用の標準語と諸方言を,狭義ではベルギーのフランドル地方とそれに隣接するフランスの一部に行われる方言をさす。広義のフラマン語の標準語はオランダ語の標準語と一致する。ベルギーでは,このフラマン語圏とフランス語圏との対立がしばしば政治問題になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フラマンご【フラマン語 Flemish】
ベルギー王国の北半分で話されるオランダ語通称。ベルギーにおけるフランス語と並ぶ公用語であり,約550万人(1977)により使用される。このようにベルギーにおいては,二つの公用語が存在するが,フラマン語を用いる北部のゲルマン系のフラマン人と,南部のフランス語を用いるラテン系のワロン人の間には言語的対立が続いている。 フラマン語は,1581年の独立戦争の結果南北に分離したネーデルラントの南部のオランダ語にその源をもち,19世紀前半からのフラマン語擁護運動を経て,19世紀後半にベルギーの公用語として認められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フラマン語
ふらまんご

独立した言語ではなく、オランダ語の方言群の名称である。ベルギー北部(フランドル地方)で使用されているオランダ語の諸方言の独自性を強調するため、とくにこうよぶ。言語学的に意義のある分類だが、一般にはオランダのオランダ語およびベルギー南部のフランス語(ワロン語Walloon)に対比させた民族的、社会的概念として使われることが多い。話者(フラマン人とよばれる)は約600万人いるが、その方言群の存在が公認されているわけではなく、ベルギーの公用語となっているのは標準オランダ語である。フラマン語に属する方言で書かれた刊行物もあるが、それは一部地域住民の郷土愛の産物であって部数は少ない。

[桜井 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フラマン‐ご【フラマン語】
〘名〙 ベルギー北部のフランドル地方で話されているオランダ語方言の総称。現在この地の公用語は標準オランダ語だが、フラマン語は日常使用されている。ベルギーのもう一つの公用語フランス語の影響がみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラマン語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フラマン語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation