@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フランクリン【ふらんくりん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

フランクリン(Benjamin Franklin)
ふらんくりん
Benjamin Franklin
(1706―1790)
アメリカの政治家、印刷業者、著述家、発明家、科学者。ろうそく製造職人の子として1月17日ボストンに生まれる。12歳で兄の経営する印刷所に年季奉公に入り、そこで発行する新聞『ニューイングランド・クーラント』に匿名で寄稿するなど文章の練磨に努めた。17歳のとき、印刷工の職を求めてフィラデルフィアに移った。1729年、すでに発行されていた『ペンシルベニア・ガゼット』紙を買い取り、1730年には独立してこの新聞の発行にあたった。同年、デボラ・リードDeborah Read(1708―1774)と結婚。1732年から約25年間、リチャード・ソーンダーズの名前で暦を出版、一般市民に勤勉と節約の教訓を諺(ことわざ)風に説いた。これは『貧しきリチャードの暦』として有名になった。また、道路の舗装と清掃、街灯の改善、消防組合の組織など、市民生活の向上に貢献した。1731年会員制貸出し図書館、1743年アメリカ哲学協会、1751年貧民救済病院および大学(後のペンシルベニア大学)の設立に努めた。1736~1751年植民地議会書記、1751~1764年議員、1737~1753年フィラデルフィア郵便局長、1753~1774年植民地郵政長官の公職についた。
 科学技術にも深い関心を寄せており、その方面の業績としては、オープン・ストーブ(フランクリン・ストーブ)の発明(1742)、地震の原因の研究、北東風の起源の研究(暴風が動く風系であることを明らかにした)、海流の研究(帆船による大西洋の経済運航に役だった)、雷の電気および避雷針の研究(1752年に凧(たこ)の実験によって稲妻が電気放電であることを明らかにした)などがある。
 1754年、オルバニー会議にペンシルベニア代表として出席、最初の植民地連合案を起草したが、これは、本国のイギリス政府と各植民地議会の賛同を得られず実施に至らなかった。1755年ブラドックEdward Braddock(1695―1755)将軍のオハイオ遠征を援助、自らも義勇民兵軍を組織して戦った。1757年植民地議会代表として防衛、課税問題折衝のため本国に派遣された。1764年ペンシルベニア王領植民地化の請願のため再度渡英したが、おりしも植民地では1765年に本国議会を通過した印紙法への反対運動が起こり、この撤廃に一役買った。1775年植民地の第2回大陸会議代表に選ばれ、帰国するときには本国との和解への望みを捨て、以後アメリカの独立に尽力した。1776年の「独立宣言」の起草委員となり、同年12月大陸会議代表としてフランスに渡り同盟を結び、1783年のパリ条約締結にはアメリカ代表の一人に選ばれた。この在任中、彼はパリで、世界で最初のころの気球の上昇を見ている。また、1783年に険悪な天気が続いたときは、これがアイスランドの火山噴火の結果おこったことを推論し、気候変化と火山活動を結び付けた世界で最初の論文となった。
 1785年ペンシルベニア行政長官、1787年連邦憲法会議代表となり、会議の調停、満場一致による憲法の承認に努めた。しかし彼自身は連邦憲法に満足せず、自邦の急進憲法を支持した。1790年4月17日フィラデルフィアで死去。彼の実際的性格と現実的考え方は『自伝』によく表れており、代表的アメリカ人といわれるゆえんである。[白井洋子]
『松本慎一・西川正身訳『フランクリン自伝』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フランクリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation