@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フランクリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フランクリン
Franklin, Benjamin
[生]1706.1.17. ボストン
[没]1790.4.17. フィラデルフィア
アメリカの文筆家,出版業者,発明家,科学者,外交官,政治家。貧家の 17人兄弟の 15番目に生れ,印刷工になった。 1721年新聞『ニューイングランド・クーラント』紙を創刊。 31年フィラデルフィア読書愛好会を設立,49年にはフィラデルフィア・アカデミー (ペンシルバニア大学) の創設にも協力した。 46~47年電気の研究を行い,雷が電気現象であることを証明し,49年避雷針を考案した。また,正,負の帯電状態を電気流体の過不足として説明した。 51年には有名な『電気に関する実験と観察』 Experiments and Observations on Electricityという書簡集を刊行。 54年オールバニ連合案を立案 (→オールバニ会議 ) 。 64~75年ペンシルバニアの代理人としてイギリスに駐在,65年イギリス議会で印紙税法に対する植民地人の立場を証言。 75年帰国,76年経済・軍事援助を求めるために大陸会議がフランスに派遣した使節団に加わってパリにおもむき,フランスとアメリカ植民地との同盟条約の締結成功した。 83年パリ条約に調印後もフランスとアメリカとの通商条約の締結に尽力。 85~88年ペンシルバニア議会の議長をつとめた。 87年合衆国憲法制定会議に出席し,対立点の妥協に尽力した。『自叙伝』 Autobiographyは有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin, Edward Curtis
[生]1862.3.1. ケンタッキーゲリ
[没]1937.2.13. カリフォルニア,パロアルト
アメリカの化学者。カンザス大学,スタンフォード大学教授。液体アンモニア中における各種の物質溶解度,導電率,蒸気圧などについて測定・研究した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin, Frederic
[生]1914.6.13. イギリス,リバプール
[没]2013.5.4. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ニューヨーク
イギリスの舞踊家。 1931年カジノ・ド・パリでデビュー,35~37年マルコワ=ドーリン・バレエ団を経て,38年バレエ・リュス・ド・モンテカルロに入り,44年メートル・ド・バレエとなる。 A.マルコワ,A.ダニロワらのパートナーをつとめた。 53年 M.スラベンスカとともに来日し,『欲望という名の電車』を踊って好評を博した。ワシントンバレエ団,アメリカン・バレエ・シアターなどで要職についたこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin, James
[生]1697
[没]1735
アメリカの印刷業者。 B.フランクリン。 1721~26年に"New England Courant",1732年"Rhode Island Gazette"紙を発刊した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin, Sir John
[生]1786.4.16. リンカーンシャー,スピルズビー
[没]1847.6.11.
イギリスの北極探検家。 14歳で海軍に入る。 1818年北極探検に参加。 19年カナダ北部で陸路の北極探検を指揮。 25年第2回北極探検に出発し,約 3000kmにわたって北海岸を調査。 29年ナイト爵を授けられた。 36~43年タスマニア総督。 45年北西航路を求めて出発したが,行方不明となり,探検史上まれにみる 134名全員遭難という惨事を引起した。 59年死亡が確認された。フランクリン海峡は彼の名にちなみ命名主著"Narrative of a Journey to the Shores of the Polar Sea" (1823) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin, William
[生]1731
[没]1813.11.16.
イギリスのアメリカ植民地総督。 B.フランクリンの息子。 1757年とイギリスに渡って教育を受け,63年ニュージャージー植民地総督に任命された。 65年の印紙税法をめぐってイギリス側の立場を取ったため,植民地人とも父とも仲たがいした。独立戦争中革命協議会によって逮捕され,のち 78年にイギリスに行き永住した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin, William Buel
[生]1823.2.27. ペンシルバニア,ヨーク
[没]1903.3.8. コネティカット,ハートフォード
アメリカの軍人。南北戦争の北軍の勇将。陸軍士官学校卒業,アメリカ=メキシコ戦争に参加。南北戦争ではブルランの戦いに参加したあとポトマック軍に配属され,対リッチモンド作戦 (1862) に准将として出陣,G.マクレラン将軍の退却を巧みに補う活躍をしたが,のちフレデリックスバーグの戦闘の不手ぎわを A.バーンサイドに非難された。 1866年陸軍を辞し,ハートフォードでコルト特許火器製造会社を経営した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin
アメリカ合衆国,ペンシルバニア州北西部にある町。ピッツバーグの北約 100kmに位置する。フレンチ川とアレゲニー川の合流点にあり,戦略上の要衝にあたるため,1750年以降フランスとイギリス (のちアメリカ合衆国) がしばしば争い,それぞれのが築かれた。地名は B.フランクリンにちなむ。 1859年石油採掘が始り,最盛期には 200万バーレルを産出し,20世紀になって石油採掘の中心が南西部に移るまでは,アメリカ合衆国における産油,製油の中心地であった。人口 7329 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン
Franklin, Aretha
[生]1942.3.25. テネシー,メンフィス
[没]2018.8.16. ミシガン,デトロイト
アメリカ合衆国の歌手。フルネーム Aretha Louise Franklin。1960年代ソウル・ミュージックの黄金時代を築いた。母はゴスペル歌手(→ゴスペル・ソング),父はデトロイト市内の教会の牧師で,全米に知られた説教師でもあった。6歳のときに両親が離婚。10代の初めから父の伝道活動に同行して全米各地の都市で賛美歌をうたい,天才歌手と称された。18歳のとき,父の賛同を得て宗教音楽から一般音楽へ転向,ニューヨーク市に移り,コロムビア・レコードからデビュー。1966年アトランティック・レコードに移籍し,ルーツであるゴスペルやブルースに立ち戻って飛躍的な成功を収めた。1967年『貴方だけを愛して』I Never Loved a Man(the Way I Love You)が初のミリオンセラーとなった。おりしも公民権運動が高まり,ブラック・アーバン音楽(→黒人音楽)が人気を得た時代であった。フランクリンは「ソウルの女王」とたたえられ,オーティス・レディングのカバー曲『リスペクト』Respect(1967)や自作の『シンク』Think(1968)など次々とヒット曲を発表した。1972年の『アメイジング・グレイス』Amazing Graceのカバーは,時代をこえたゴスペルの傑作の一つに数えられる。1970年代後半はヒットに恵まれなかったが,1982年の『ジャンプ・トゥー・イット』Jump to Itでトップ歌手に返り咲いた。1987年,女性アーティストとして初めてロック殿堂入りを果たした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フランクリン(Benjamin Franklin)
[1706~1790]米国の政治家・科学者。出版印刷業者として成功。稲妻放電現象を研究し、避雷針発明独立宣言起草委員となり、憲法制定会議にも出席した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン(John Franklin)
[1786~1847]英国の探検家・軍人北極を探検し、北西航路を探査中に死亡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン(Aretha Franklin)
[1942~2018]米国のソウル歌手。力強い歌声で1960年代から活躍。1967年には「リスペクト」がヒットし、グラミー賞受賞。その後も数多くのヒット曲を残し「ソウルの女王」と称された。1987年には、女性として初めてロックの殿堂入りを果たした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

フランクリン
《Franklin》アメリカ海軍航空母艦。エセックス級航空母艦。1944年1月就役。名称は同国の政治家、ベンジャミン・フランクリンの名にちなむ。小笠原諸島攻撃、レイテ沖海戦などに参加。九州沖航空戦にて大きな損傷を蒙るも沈没を免れ、終戦を迎える。1947年退役。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フランクリン【Benjamin Franklin】
1706‐90
アメリカの政治家,文筆家,科学者。〈代表的アメリカ人〉と呼ばれる。ボストンのろうそく屋に生まれ,印刷業を営む兄の下で徒弟として勤め,1723年フィラデルフィアに移る。24年イギリスに渡り印刷技術をみがき,1726年に帰米後印刷・出版業に従事,《ペンシルベニア・ガゼット》紙の発行者となる。ことに32年より売り出された処世訓格言を付した《貧しいリチャードの暦》は大衆的な読物として好評を博し,年間1万部売れ,啓蒙的な思想家としての彼の名を高めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふらんくりん【フランクリン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

図書館情報学用語辞典 第5版

フランクリン
1706-1790.米国ボストン生まれ.政治家,外交官,科学者,著述家.少年の頃,父のローソク業や兄の印刷業を手伝い技術を身に付け,フィラデルフィアに赴いて印刷工となる.1727年仲間と会員制の読書会ジャントー・クラブ(Junto Club)を結成し,共同で図書館を作ることを提案.1731年に50名の会員の出資を受けて,フィラデルフィア図書館会社(Library Company of Philadelphia)を設立し,英本国から歴史書や自然科学書等を共同購入した.後にこの図書館は米国の会員制図書館の母と呼ばれる.1776年米国独立宣言起草委員の1人に選出される.科学者として避雷針の発明,実験などの業績がある.晩年は政治家,外交官として活躍した.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フランクリン
(Benjamin Franklin ベンジャミン━) アメリカの政治家、著述家、科学者。出版印刷業者として成功し、避雷針の発明や、稲妻の放電現象の証明など科学の分野をはじめ、図書館・高等教育機関の創立などの文化事業にも貢献。アメリカ独立宣言起草委員、フランス駐在大使を務めた。「フランクリン自伝」は有名。(一七〇六‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フランクリン
Benjamin Franklin
1706〜90
アメリカの科学者・政治家
貧家に生まれたが,印刷業に成功後,多くの公共事業に貢献。稲妻と電気の同一性証明の実験を行った。アメリカ独立戦争危機に際し,1776年大陸会議の代表となり,また独立宣言起草委員のひとりとなった。1776〜85年駐仏大使として米仏同盟の締結に成功。83年のパリ条約締結の際には全権として活躍し,憲法制定会議にも尽力。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フランクリンの関連情報

関連キーワード

カスパルカスパルイーブリンイーブリンシュリューターペドロ2世[ポルトガル王]アルバカーキ清水貞徳関口流錦文流

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation