@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フランシスコ会【フランシスコかい】

世界大百科事典 第2版

フランシスコかい【フランシスコ会 Franciscan Order】
托鉢修道会の一つで,正称は〈小さき兄弟たちの修道会Ordo Fratrum Minorum〉。広義には分裂後独立したコンベントゥアル会カプチン会をもふくむ。アッシジフランチェスコの福音遵奉精神にひかれて1209年ころアッシジ近傍のポルティウンクラに集まった11人の有志によって発足した。清貧と謙遜の心得を説いた簡潔な〈原初会則〉があったと推測されるが,原文は散逸して伝わらない。10年,彼らの理想と誠実な説教活動を高く評価した教皇インノケンティウス3世により口頭の認可をうけて修道生活を開始したが,フランチェスコには修道会創設の意志はなかったといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フランシスコ会
ふらんしすこかい
Ordo Fratrum Minorum ラテン語
Order of Friars Minor 英語

1209年、アッシジのフランチェスコによって創立された修道会。正式の名称は「小さき兄弟会」。当初はフランチェスコのもとに集まった11人の同志によって発足したが、この会の基本理念は、貧しいキリストの生涯を手本に、その福音(ふくいん)を使徒と同様に忠実に生き、ローマ教皇に従順を誓って、人々に神への回心を説くことにある。とくに貧しいキリストの生き方に倣って、会として個人としていっさいの所有権を放棄し、極貧のうちに手仕事で生計をたて、足りないところを人々の施与に頼ったところから、「托鉢(たくはつ)修道会」ともよばれる。粗衣に甘んじ、金銭を受け取らず、市井に小さな修道院を構え、諸国を行脚(あんぎゃ)しながら福音を伝えた。また、非キリスト教徒への伝道にも力を注いだ。

 フランチェスコの死後、会員数は1世紀間に3万を超えた。13世紀なかばに司祭修道会としての性格を強く打ち出すと同時に、学問の分野でもボローニャでパドバのアントニオ、パリでボナベントゥラの学者を輩出、オックスフォードではロバート・グロステートやロジャー・ベーコン、ドゥンス・スコトゥス、ウィリアム・オッカムなどが出て、イギリス経験主義哲学の基礎を築いた。その後、会自体の刷新を図って多数の改革派が誕生したが、これらは「小さき兄弟会」「同コンベンツァル会」「同カプチン会」の三派に大別される。宗教改革時にも5万余の会員を数え、18世紀なかばには13万を超えた。1593年(文禄2)にはペドロ・バプチスタがわが国にも来朝、17世紀なかばまでに六十余名が伝道に従事し、そのほぼ半数が殉教(じゅんきょう)した。

 1986年現在の会員数は、第一会の場合、「小さき兄弟会」が2万0094、「同コンベンツァル会」が4091、「同カプチン会」が1万1879を数え、第二会の「クララ会」が1万6780、第三会の「律修会」は約1000、「同修道女会」は17万7000、「在世会」は220万となっている。なお日本でも、第一会が三派合同して約300人が活動している。

[石井健吾]

『石井健吾著『フランシスカニズムの系譜』(1979・中央出版社・フランシスコ会叢書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フランシスコ‐かい〔‐クワイ〕【フランシスコ会】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランシスコ会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フランシスコ会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation