@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フランツ・フェルディナント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フランツ・フェルディナント
Franz Ferdinand
[生]1863.12.18. グラーツ
[没]1914.6.28. サラエボ
オーストリア大公。フランツ・ヨーゼフ1世ヨーゼフの子ルドルフの死と,父カルル・ルートウィヒの死により皇太子となった。 1913年陸総監となり,軍備拡張や,南スラブ諸民族を加えた三重王国の政策を企図し,セルビア人民族主義者の反感を買った。 14年6月 28日,サラエボとともにセルビアの青年 G.プリンチプに暗殺され (→サラエボ事件 ) ,これが第1次世界大戦導火線となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フランツ・フェルディナント
ふらんつふぇるでぃなんと
Franz Ferdinand
(1863―1914)

オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者。フランツ・ヨーゼフ皇帝の甥(おい)。軍人としての教育を受け、1898年ルドルフ皇太子の死去により皇帝継承者となった。軍高級職を歴任したが、身分違いの結婚などによって宮廷での評価は低く、政治決定過程からは遠ざけられた。帝国の将来構想として、ドイツ系、ハンガリー系民族と並んで南スラブ系民族の自治を認める三元主義的編成を考えていたが、その他の点では保守的政治志向をもっていた。1914年6月28日、軍事演習を視察中、サライエボでセルビアの民族主義者に狙撃(そげき)され、妻とともに死亡した。この事件は第一次世界大戦の直接の契機となった。

[木村靖二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典

フランツ・フェルディナント
Franz Ferdinand


1863.(1864.説あり) - 1914.6.28
オーストリア国籍。
元・オーストリア皇太子。
皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の甥で、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者。軍人としての教育を受け、1898年ルドルフ皇太子の死去により皇帝継承者となる。軍の高級職を歴任したが身分違いの結婚などにより宮廷での評価は低く、政治決定課程からは遠ざけられた。帝国の将来構想としてドイツ系、ハンガリー系と並んで南スラブ系民族の自治を認める三元主義的編成を考え、1913年陸軍の改革を行うが、セルビア民族主義者の反感をかい、’14年ボスニアのサラエボで皇太子妃と共に暗殺され第一次大戦の直接の契機となった。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランツ・フェルディナント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フランツ・フェルディナントの関連情報

関連キーワード

グリュクスボー朝グリュックスボー朝マネ中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグルナンウィグモアエルギン小松小太郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation