@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フリーキャッシュフロー

デジタル大辞泉

フリー‐キャッシュフロー(free cash flow)
企業などの経済主体が自由に使える資金事業活動で得たキャッシュフローから事業の維持に必要な設備投資額を差し引いたもので、事業の拡大債務返済配当などにあてられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

フリーキャッシュフロー
・FCF Free Cash Flow
・FCF=営業利益×(1-実効税率)+減価償却費-投資±⊿WC(運転資金の増減)・フリーキャッシュフローは、本業の稼ぎから得られるキャッシュフローに税金、設備投資、運転資金の増減を加減した銃現金収支のこと。
・人事関連において、フリーキャッシュフローは、賞与原資を算出する際の業績指標として活用されることがある。
・この業績指標を活用するメリットは、フリーキャッシュフローに対する意識付けを強化することが可能であることであり、フリーキャッシュフローを高めるために、売上増加、費用削減、運転資本の削減・設備投資の選別などの取り組みを促すことが期待できる。一方、デメリットは、設備投資額は経営としての中長期的な展望による意思決定であるため、社員の関与の度合いが低くなり納得感は低くなってしまうことである。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

事業再生用語集

フリーキャッシュフロー
会社が稼いだお金から、会社が活動するのに必要なお金を差し引いた、余剰資金のことをいう。会社の価値を表すため、会社が経営努力を行う場合の判断基準として利用される。

出典:(株)セントラル総合研究所

会計用語キーワード辞典

フリーキャッシュフロー
企業が本来の事業活動等によって生み出すキャッシュフローのこと。ここでいう「フリー」とは、企業が提供者(金融機関、社債権者、株主など)に対して自由に分配できるという意味です。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

M&A用語集

フリーキャッシュフロー
企業が本来の事業活動等によって生み出すキャッシュフローのこと。ここでいう「フリー」とは、企業が資金の提供者 (金融機関、社債権者、株主など) に対して自由 (フリー) に分配できるという意味。一般的には本業から稼ぎ出される「営業キャッシュフロー」から設備投資や企業買収に充当される「投資キャッシュフロー」を差し引いたキャッシュフローのことを指す。

出典:株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリーキャッシュフロー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フリーキャッシュフローの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation