@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フリースタイル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フリースタイル
freestyle
アマチュアのレスリング競技形式の一種下半身攻防技を禁止したグレコローマンスタイルに対して,全身のどの部位を攻防に用いてもかまわない。キャッチアズ・キャッチ・キャン catch-as-catch-canスタイルともいう。イギリス,アメリカ合衆国を中心として広がったもので,日本には 1931年に紹介され,以後普及した。 2004年アテネ・オリンピック競技大会より女子種目に採用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フリースタイル(freestyle)
レスリングの種目の一。グレコローマンスタイルと異なり、相手の腰から下の攻撃も許される。
水泳で、自由形
フリースタイルスキー」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

フリースタイル
アメリカのフォードが2005年から2007年まで製造、販売していた乗用車。5ドアのSUV。2008年よりフォード・トーラスXに名称変更。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリースタイル
リーボックが販売する女性向けのカジュアルシューズのブランド名。1982年、エアロビクス用シューズとして発売。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふりーすたいる【フリースタイル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

フリー‐スタイル
〘名〙 (freestyle)
① 水泳の競技種目で自由形のこと。一般に最も速い泳ぎであるクロールを選ぶ。〔アルス新語辞典(1930)〕
② レスリングで、相手の腰から下を攻撃できる競技方法。グレコローマン‐スタイルに対していう。
③ スキーで、ゲレンデやジャンプ台を利用して自由に演技を行なう競技方法。エアリアル、バレースキー、モーグルの三種目がある。フリースタイルスキー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フリースタイル
ふりーすたいる
free style skiing

スキーの競技の一種。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリースタイル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フリースタイルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation