@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フリードリヒ・ウィルヘルム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フリードリヒ・ウィルヘルム
Friedrich Wilhelm
[生]1620.2.16. ケルン
[没]1688.5.9. ポツダム
ブランデンブルク選帝侯 (在位 1640~88) 。「大選帝侯」とも呼ばれる。ホーエンツォレルン家の出身。 1640年選帝侯となる。ウェストファリアの講和で東ポンメルンなどを得たほか,三十年戦争中に編成した軍隊を戦後も解散せず,ポーランドスウェーデンの戦争に乗じて,1660年のオリーバ条約で公領プロシアに対するポーランド王の宗主権を廃止することに成功した。ブランデンブルク=プロシアの中央集権的支配をいっそう強めるため,常備軍の建設と並行して,1660年代に諸州の等族会議から財政への干渉権を奪い,郡部には地租,都市には消費税の制度を確立することにより,軍事・官僚国家としてのプロシアの絶対王政に道を開いた。財政改善のため国内産業の育成に努め,亡命ユグノーを多く受け入れたことでも知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フリードリヒ・ウィルヘルム
ふりーどりひうぃるへるむ
Friedrich Wilhelm
(1620―1688)

ブランデンブルク選帝侯(在位1640~88)。ブランデンブルク・プロイセンの絶対主義の基礎を築いた君主で「大選帝侯」der Große Kurfürstとよばれる。三十年戦争の終結にあたってポメラニア東部やマクデブルクを獲得した。内政においては1644年常備軍を設置し、また枢密参議会を中心に中央官庁を整備して、雑多な領邦の集合体にすぎなかったブランデンブルク・プロイセンに統一的君主国体制を築いた。各地の身分制議会に拠(よ)って、これに抵抗する貴族勢力に対しては、武力で威圧して常備軍とそのための課税を認めさせたが、それと引き換えに、貴族の領内における特権を承認し、グーツヘルシャフトの発展に法的根拠を与えた。

[坂井榮八郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリードリヒ・ウィルヘルム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フリードリヒ・ウィルヘルムの関連情報

関連キーワード

十三陵万暦帝プリマス尚寧王ムニョスドゥラード万暦帝万暦帝メイフラワー号万暦帝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation