@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フルベッキ

デジタル大辞泉

フルベッキ(Guido Herman Fridolin Verbeck)
[1830~1898]オランダ宣教師。1859年(安政6)米国オランダ改革派教会から派遣されて来日。明治維新後、大学南校頭取、また政府顧問となり、岩倉使節団の派遣、ドイツ医学の採用などを進言旧約聖書詩編」を翻訳。東京で没した。「日本布教史」。フェルベックバーベック

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

フルベッキ Verbeck, Guido Herman Fridolin
1830-1898 アメリカの宣教師。
1830年1月23日オランダ生まれ。アメリカにわたり,オランダ改革派教会から派遣され,安政6年(1859)来日。長崎の済美館,佐賀藩の致遠館などで大隈重信らをおしえる。明治2年東京にまねかれ,大学南校教頭。新政府の顧問として外交などで献策。のち明治学院の教授,理事長。旧約聖書翻訳委員となり「詩篇」を翻訳した。明治31年3月10日東京で死去。68歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

フルベッキ【Guido Herman Fridolin Verbeck】
1830‐98
アメリカのオランダ改革派教会宣教師。英語読みではバーベック。オランダに生まれ,移住先のアメリカでオーバン神学校に学ぶが,病に倒れたのを契機に献身を決意。新婚早々の1859年(安政6)来日して長崎で日本語を習得,禁教下秘かに布教して村田若狭に最初の洗礼を授けた。また,長崎の洋学所,その後身の済美館,さらに佐賀藩の致遠館で英語・フランス語・オランダ語・ドイツ語の語学,政治,科学,兵事などを教え,門下から大隈重信,伊藤博文,横井小楠らの人材が輩出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フルベッキ
ふるべっき
Guido Herman Fridolin Verbeck
(1830―1898)

アメリカ改革派(オランダ系)の宣教師。オランダ生まれ。モラビア派の信仰の影響を受けて育ち、ユトレヒトの工業学校で土木技術を学んでアメリカに移住。コレラにかかった体験が契機となりオーバン神学校を卒業して宣教師となる。シモンズDuane B. Simmons(1834―1889)、S・R・ブラウンと来日(1859)した。佐賀藩の学校致遠館(ちえんかん)で教えた青年たち(大隈重信(おおくましげのぶ)、副島種臣(そえじまたねおみ)ら)が明治政府の枢要な地位についたため、東京の大学南校(現、東京大学)の教頭に招かれ(1869)、破格の待遇を得る。明治政府のために開港、開国、開教(信教の自由)、教育の各領域にわたって宣教師の役割を超えて力を尽くす(1875まで)。その後は全国各地を旅行してキリスト教の伝道に専念し、りっぱな日本語で説教と講演を行い、明治学院で教え、聖書の翻訳では『旧約聖書』の「詩篇(しへん)」を植村正久と担当した。68歳で東京で死去。

[川又志朗 2018年8月21日]

『高谷道男編訳『フルベッキ書簡集』(1978/オンデマンド版・2007・新教出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フルベッキ
(Guido Herman Fridolin Verbeck ギードウ=ヘルマン=フリーダリン━) オランダ生まれのアメリカ人宣教師。安政六年(一八五九)長崎に渡来。大隈重信・伊藤博文らに英学を教授。維新後、法制改革などに寄与。バーベック。(一八三〇‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

フルベッキ
Guido Herman Fridolin Verbeck
1830〜98
幕末・明治初期,アメリカの宣教師
オランダの生まれ。1859年来日。長崎で伝道し,洋学所で英語を教授。'69年開成学校(大学南校)頭取となり政府顧問として教育・法制調査にあたる。従来オランダ医学に代わるドイツ医学の採用,ナポレオン法典の翻訳紹介など大きく貢献した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フルベッキ
フェルベック」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルベッキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フルベッキの関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)奴隷制廃止運動[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフ産業革命民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation