@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フレミング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フレミング
Fleming, Sir Alexander
[生]1881.8.6. エアシャー,ロックフィールド
[没]1955.3.11. ロンドン
イギリスの細菌学者。最初の抗生物質であるペニシリンの発見で,その実用化に成功した E.チェーン,H.フローリーとともに 1945年のノーベル生理学・医学賞を受けた。ロンドン大学などで医学を学び,セントメアリー病院医学校でヒトの組織を侵さないで抗菌性をもつ物質を研究。 22年に唾液などに含まれる抗菌性物質のリゾチームを発見した。さらに 28年にインフルエンザの研究中,ブドウ球菌の培養皿に偶然落ちたカビが,その周囲だけ菌の発育を押えているのを発見,このカビの培養液を 800倍に薄めても,ブドウ球菌の発育を妨げた。これに彼はペニシリンと名づけて 29年に発表した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング
Fleming, Sir (John) Ambrose
[生]1849.11.29. ランカシャーランカスター
[没]1945.4.8. デボンシャー,シドマス
イギリスの物理学者,電気技術者。ロンドン大学を卒業後,ケンブリッジ大学で J.マクスウェルもとで研究。 1881年ロンドンのエジソン電灯会社顧問として電信技術の発展に貢献。 85年ロンドン大学教授となり,同年電磁現象におけるフレミングの法則を発見。マルコーニ社の技術顧問として,無線受信機改良のために二極真空管を発明 (1904) 。測光の研究やテレビジョンの開発も手がけた。 1929年ナイトの称号を与えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング
Fleming, Klaus Eriksson
[生]1535
[没]1597
スウェーデンの軍人,将軍。スウェーデン=ポーランド王ジギスムント3世 (ジグムント3世ワーザ ) とその叔父カルル (のちのスウェーデンカルル9世 ) の対立においてジギスムントを支持。信任を受けてフィンランド総督となり,フィンランド人の自治権を奪い,フィンランド農民の蜂起 (1596~97) を弾圧した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング
Fleming, Paul
[生]1609.10.5. ハルテンシュタイン
[没]1640.4.2. ハンブルク
ドイツの詩人。バロック時代の最もすぐれた抒情詩人。ライプチヒで医学を学び,ロシア,ペルシアへの遠征隊に参加。ペトラルカ風のラテン語詩から出発。詩の形態に関しては M.オーピッツに学んでいるが,内容的には独自の言葉で人生と愛とをうたい上げている。ソネット,世俗詩,宗教詩,即興詩を書き,詩集に『ドイツ語詩集』 Teutsche Poemata (1642) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング
Fleming, Sandford
[生]1827.1.7. スコットランド,カーコルディ
[没]1915.7.22. ノバスコシア,ハリファックス
カナダの鉄道技師。 1845年にカナダに移住し,まずノーザン鉄道会社にを得,次いでインターコロニアル鉄道の建設にたずさわった。 71年カナダ太平洋鉄道の主任測量技師に任じられ,ロッキー山脈を貫徹する経路の有効性を示した。 80年引退後は数々の科学研究に従事。また熱心なイギリス帝国主義者として 87年および 94年のイギリス植民地会議には,カナダを代表して出席した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング
Flemming, Walther
[生]1843.4.21. メクレンブルク,シュウェリン郊外
[没]1905.8.4. キール
ドイツの細胞学者,解剖学者。テュービンゲン,ベルリン,ロストクで医学を学び,普仏戦争に軍医として従軍ののち,プラハ大学 (1873) ,キール大学 (76~1901) の解剖学教授。合成染料を使って細胞の微細構造を染め,油浸レンズで見るという研究方法を開発,細胞学の実験技術に画期的な前進をもたらした。 1879年に,動物細胞の中に染料をよく吸収する物質が分布しているのを発見し,chromatin (染色質 ) と名づけた。さらに,細胞分裂のさまざまな段階にある細胞についてその染色質を観察し,分裂開始とともに染色質は何本かの短い棒状の構造となり,次にそれらがそれぞれ縦に2つに割れて,細胞の両端に移動することを明らかにした。染色質に起るこの一連の現象を mitosis (有糸分裂 ) と命名。これらの成果をもとにして,『細胞物質・核・細胞分裂』 Zell-substanz,Kern und Zelltheilung (1882) を著わした。このなかで,染色質は遺伝物質から成っており,有糸分裂は遺伝物質を配分する機構であると推定して,後年,再発見されるメンデル法則に細胞学的な裏づけを与えることになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング
Fleming, Victor
[生]1883.2.23. カリフォルニア,パサディナ
[没]1949.1.6. アリゾナ,コットンウッド近郊
アメリカ合衆国の映画監督。1930年代のハリウッドで最も活躍した監督の一人。プロデューサーのデービッド・オリバー・セルズニックのもと,『風と共に去りぬ』Gone with the Wind(1939)を完成させ,アカデミー賞の作品賞と監督賞を獲得した。1910年にカー・スタントマンとして映画界に入り,デービッド・ウォーク・グリフィス監督の現場で撮影を担当。第1次世界大戦では撮影部として従軍し,パリ講和会議でウッドロー・ウィルソン大統領のカメラマンを務めた。のちにメトロ=ゴールドウィン=メイヤー MGMや 20世紀フォックスと契約し,クラーク・ゲーブルやスペンサー・トレーシーをスターにして高い評価を得る。初監督作品は,ダグラス・フェアバンクスが主演した 1919年の『暗雲晴れて』When the Clouds Roll By。トーキー映画初期の『紅塵』Red Dust(1932)や『宝島』Treasure Island(1934)は人気となり,ジュディ・ガーランドを起用した傑作『オズの魔法使』The Wizard of Oz(1939)ではファンタジーとリアリズムを巧みに融合させた。ほかに『ジキル博士とハイド氏』Dr. Jekyll and Mr. Hyde(1941),『冒険』Adventure(1946),『ジャンヌ・ダーク』Joan of Arc(1948)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フレミング(Ian Fleming)
[1908~1964]英国小説家。英国諜報部員ジェームズ=ボンド主人公にしたスパイ小説「007」シリーズで、世界的な人気を博した。他の著作童話「チキチキバンバン」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング(Alexander Fleming)
[1881~1955]英国の細菌学者。リゾチームを発見。ぶどう球菌の研究中、アオカビからペニシリンを発見し、1945年、ノーベル生理学医学賞受賞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング(John Ambrose Fleming)
[1849~1945]英国の電気工学者。フレミングの法則を発見し、二極真空管を発明するなど、電磁気学電子工学に貢献。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フレミング【Alexander Fleming】
1881‐1955
イギリスの細菌学者。スコットランドのロッホフィールドに生まれ,1897年にリージェント工芸学校卒業後,商船会社に4年間勤めた。1901年,ロンドン大学のセント・メアリーズ病院医学校に入学,卒業後引き続いて同校のライトAlmorth E.Wright(1861‐1947)の研究室で細菌学を専攻した。第1次大戦の勃発とともに陸軍軍医団に加わり,フランスの野戦病院に派遣されたが,18年再び母校に戻り,29年に細菌学教授となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フレミング【Ian Fleming】
1908‐64
イギリスの小説家。ロイター通信社モスクワ特派員を務めた後,第2次世界大戦中は海軍秘密情報部に勤務。戦後はその体験を生かして,イギリス秘密情報部のスパイ〈007(ダブルオーセブン)〉ことジェームズ・ボンドを主人公とした,《カジノ・ロワイヤル》(1953)をはじめとする14冊のアクション小説を次々に発表した。フレミングにとっては文学的野心よりも,金もうけが執筆の動機であり,超人的な能力を備えた主人公が,ほとんど非人間的なまでに残忍,凶悪な異国悪漢死闘を繰り広げ,ついに勝利をおさめるという単純な筋立ての物語だが,いずれもベストセラーとなって,世界的人気を博した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フレミング【John Ambrose Fleming】
1849‐1945
イギリスの電気工学者。1877年にケンブリッジ大学に入学,J.C.マクスウェルの指導のもとにキャベンディシュ研究所で標準電気抵抗の研究を行った。85年にロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの電気工学の教授となり,以後41年間この職にあった。一方,1882年からロンドンのエジソン電灯会社などの技術コンサルタントを務め,アメリカにエジソンを訪ねた後,89年にエジソン効果(熱電子放出現象)の研究を行った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フレミング【Paul Fleming】
1609‐40
ドイツ・バロック時代の抒情詩人。詩学の最大の理論家オーピッツの愛弟子であるが,師の冷徹な思索性を超克し,個人的感情と体験を民話調で吐露しながら,敬虔な生命,愛の喜び,自然の豊かさ,祖国の平和をうたい上げた。この早世した詩人の詩作にはペトラルカ風のラテン詩も多いが,彼は〈ソネットの名匠〉ともいわれ,そのいくつかは現在でも時代の隔りを感じさせないものがある。【島田 勝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

フレミング
[一] (Walter Fleming ウォルター━) ドイツの細胞学者。染色体の縦裂を発見、その細胞遺伝学的意義を明らかにした。(一八四三‐一九〇五
[二] (Sir Alexander Fleming サー=アレグザンダー━) イギリスの細菌学者。抗細菌性物質を研究、一九二八年アオカビの培養物ペニシリンの抽出に成功。四五年その臨床的効果の共同研究者フローリー、チェーンとともにノーベル生理学・医学賞受賞。(一八八一‐一九五五
[三] (Sir John Ambrose Fleming サー=ジョン=アンブローズ━) イギリスの電気工学者。電磁現象についてフレミングの法則を発見。主著「無線電信電話の原理」。(一八四九‐一九四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フレミング
フレミング
Fleming, Alexander

スコットランド生まれのイギリスの細菌学者.ロンドンの工芸学校(Polytechnic)の商学科で学んだ.卒業後,4年間商船会社に勤務したのち,ロンドン大学St.Mary's病院医学校に入学して医学を学んだ.1906年同校の有名な細菌学者A. Wrightの助手となり,1928年細菌学教授となった.鼻の分泌液がある種の細菌を溶解することから,生体中に抗菌作用をもつ酵素リゾチームを発見した(1922年).1928年培養基に生えたアオカビが,まわりのぶどう状球菌を溶解することに気づき,アオカビよりペニシリンを抽出した.オックスフォード大学のH.W. ForeyとE.B. Chainは,ペニシリンを精製する技術を開発し,その結果,ペニシリンは化学療法剤として広く用いられるようになった.この業績により,1945年Forey,Chainとともにノーベル生理学・医学賞を受賞.晩年エジンバラ大学総長を務めた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フレミング
Alexander Fleming
1881〜1955
イギリスの細菌学者
1928〜29年青カビから抗生物質ペニシリンを抽出。1945年ノーベル生理・医学賞を受賞。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレミング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フレミングの関連情報

関連キーワード

アレクサンドル都市気候農商務省ブラジル文学おもなお雇い外国人ジェームズAガーフィールドイリ条約日本鉄道明治14年の政変メンデンホール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation