@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フレロビウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フレロビウム
flerovium
人工元素の一つ。元素記号 Fl原子番号 114。1999年にロシアの合同核研究所とアメリカ合衆国のローレンス・リバモア国立研究所の科学者は,プルトニウム244と 242をカルシウム48に衝突させて 114番元素をつくった。114番元素はα粒子(ヘリウム核)を放出して,コペルニシウムに崩壊した。最も長く存在するフレロビウムの同位体(→アイソトープ)の原子量は 289で,半減期は 0.97秒である。国際純正・応用化学連合 IUPACおよび国際純粋・応用物理学連合 IUPAPは名称をフレロビウム,元素記号を Flとした。名称はソビエト連邦の物理学者グレゴリー・N.フレーロフにちなむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フレロビウム(flerovium)
超アクチノイド元素超ウラン元素の一。1998年ロシアの研究チームがプルトニウムカルシウムの原子を衝突させて生成した。ウンウンクアジウム(ununquadium、元素記号Uuq)の暫定名で呼ばれていたが、2012年にIUPAC(国際純正・応用化学連合)により正式名とされた。ロシアの科学者フレロフにちなむ。元素記号はFl 原子番号114。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フレロビウム
ふれろびうむ
flerovium
超アクチノイド人工放射性元素の一つ。原子番号114、元素記号Fl。1998年にロシアで初めて合成され、2009年にアメリカ、2010年にドイツでも合成が確認された。暫定名称ウンウンクアジウムununquadium、暫定記号Uuqとされていたこの元素に対して、2012年5月30日、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、元素名をfleroviumとし、元素記号をFlとする正式決定を発表した。命名理由はロシアのフレロフ核反応研究所(英語名 Flerov Laboratory of Nuclear Reactions)の伝統と名誉によるとされ、その創設者であるロシアの核兵器開発者ゲオルギー・フリョーロフГеоргий Николаевич Флёров/Georgy Nikolayevich Flyorov(1913―1990)個人の業績に属するものではない、とされている。同年6月、日本化学会は日本語元素名をフレロビウムとした。
 2012年までに、94番プルトニウムと20番カルシウムとの核衝突実験で質量数285から289までの同位体の生成が報告されている。いずれもきわめて不安定であり、112番コペルニシウムへα(アルファ)崩壊するが、確認された半減期は長くても数秒程度とされている。また、同時に正式名称が決定された116番リバモリウムのα崩壊によっても生成する。
 フレロビウム原子核の陽子の個数(原子番号)114は、核を特に安定化する「魔法数」の一つに相当しており、中性子の魔法数の一つである184との組合せになるフレロビウム298は特に長い半減期をもつと予想されるが、まだ合成されていない。周期表では14族、鉛の下に位置し、化学的にはかなり安定ではないかとも予想されている。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フレロビウム
フレロビウム
flerovium

Fl.原子番号114の元素.電子配置[Rn]5f146d107s27p2(推定)の14族元素.周期表での下に位置する(エカ鉛).常温で固体と思われる金属元素.短寿命人工元素.1999年1月にロシアのドゥブナの原子核合同研究所(Joint Institute for Nuclear Research)内のフレロフ核反応研究所(Flerov Laboratory of Nuclear Reactions)で,244Puを標的として48Caで衝撃して,中性子3個と21 s で112番元素285Cn(コペルニシウム)にα崩壊する質量数289の核種1個が得られたと発表された.この崩壊鎖は確認されず,同年6月の再実験で観測された質量数289の核種が最初の確実な合成とされる.同年7月には,日本の理化学研究所のチームが協力して242Puを標的として48Caで衝撃して中性子3個と約5 s でα崩壊する質量数287の核種を得たとしている.s のけたの半減期は超重元素としてはきわめて長く,理論的に予想されていた二重魔法数による“安定の島(Island of stability)”の存在を裏づけるものとされる.質量数285~289の核種が得られており,289Flがもっとも安定で,半減期2.7 s(α崩壊).2012年5月30日,IUPACは,共同研究を行った原子核合同研究所とアメリカのローレンス・リバモア国立研究所の提案に従って,元素名フレロビウム,元素記号Flと決定した.G.N. Flerov(フレロフ)は,実験の行われた核反応研究所の創始者で,研究所名は1991年から,フレロフを冠している.暫定名ウンウンクアジウムと記号Uuqは今後使用されない.[CAS 54085-16-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレロビウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フレロビウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation