@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フレーザー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フレーザー
Fraser, Bruce Austin, 1st Baron Fraser of North Cape
[生]1888.2.5. モルージ
[没]1981.2.12. ロンドン
イギリスの海軍軍人。 1902年海軍に入り,第1次世界大戦には砲術将校として活躍。 33年に海軍軍需品部長となり,第2次世界大戦では海軍の拡張に尽力。 43年 12月旗艦『デューク・オブ・ヨーク』に乗船,ドイツ戦艦『シャルンホルスト』をノルウェーのノースケープ沖で撃沈した。 44年海軍大将としてイギリス太平洋艦隊を指揮し,45年9月東京湾上で日本の無条件降伏の書類に調印。 46年貴族に列せられ,48年元帥,48~51年海軍本部委員長 (軍令部長) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレーザー
Fraser, Claude Lovat
[生]1890.5.15. ロンドン
[没]1921.6.18. サンドゲイト
イギリスの画家舞台美術家幻想的でロマンチックな舞台装置で知られ,ドラマ,バレエ,オペラの各分野で活躍。代表作は 1920年のリリック劇場における『お気に召すまま』『乞食オペラ』の装置

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレーザー
Fraser, George Sutherland
[生]1915.11.8. グラスゴー
[没]1980.1.3
イギリスの詩人批評家。レスター大学英文学講師。 1930年代の政治的傾向に反発する「新黙示派」の詩人として出発,第2次世界大戦後イギリスの文化使節として訪日,東京大学その他での講義が『現代作家とその世界』 The Modern Writer and His World (1953) となった。『故郷哀歌』 Home Town Elegy (1944) などの詩集のほか,評論集『幻想と修辞』 Vision and Rhetoric (1959) ,イェーツ論,パウンド論,日本印象記などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレーザー
Fraser, Malcolm
[生]1930.5.21. メルボルン
[没]2015.3.20.
オーストラリアの政治家。首相(在任 1975~83)。オーストラリア自由党党首。フルネーム John Malcolm Fraser。オックスフォード大学モードリン・カレッジに学び,1955年に自由党から立候補して国会議員に選出された。自由党と地方党(→オーストラリア国民党)の連立政権で陸軍大臣(1966~68),教育科学大臣(1968~69,1971~72),国防大臣(1969~71)を歴任。1975年3月に自由党の党首選挙で当選し,オーストラリア労働党政権のガフ・ホイットラム首相が罷免された 1975年11月,首相に指名され就任した。同年 12月の選挙で自由党と国民地方党が大勝したことにより首相としての地歩を固め,両党の連立内閣を再度組織した。インフレーション抑制のため,歳出の削減,労働組合の大幅な賃上げ要求の阻止などの措置を講じた。またアンザス条約のもとでオーストラリアの防衛上の責務を重視した。フレーザー政権は 1977年と 1980年の選挙にも勝利したが,1983年3月の選挙で労働党に敗れた。フレーザーはただちに党首の座を退き,まもなく国会議員も辞職した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレーザー
Fraser, Peter
[生]1884.8.28. ロス・クロマーティ,ファーン
[没]1950.12.12. ウェリントン
イギリス生れのニュージーランドの政治家。靴屋の子に生れ,大工弟子を経て 1910年ニュージーランドに移住,港湾労働者となった。労働運動に入り,労働党結成に参画。 18年国会議員。 33~40年労働党副党首。 35~40年 M.サベージ首相のもとで警察相,文相,厚相を歴任,特に社会保障に力を尽した。 40年4月サベージの死後,首相。第2次世界大戦下および戦争直後のニュージーランドを指導。 45年の国際連合創設会議,46年の国連総会などで活躍。 49年選挙に敗れ下野した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレーザー
Fraser, Simon
[生]1776. ニューヨーク,ベニントン
[没]1862.4.19. アッパーカナダ,セントアンドルーズ
カナダの毛皮商人,探検家。王党派 (ロイヤリスト ) の家に生れ,1784年カナダに移住。 92年に北西会社に入社し,1805年よりロッキー山脈以西の毛皮交易を担当。太平洋への交易路の発見に努力していた彼は,08年フレーザー川下降。この川に彼の名が冠された。 11年レッド川周辺を担当することになり,敵対するハドソン湾会社の支援するレッドリバー植民地と衝突,16年のセブンオークスの虐殺への加担を疑われ,裁判にかけられたが,無罪となった。 18年に毛皮交易,探検より引退。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレーザー
Frazer, Sir James George
[生]1854.1.1. グラスゴー
[没]1941.5.7. ケンブリッジ
イギリスの人類学者,民族学者,古典文献学者。グラスゴー,ケンブリッジの各大学に学び,1907年ケンブリッジ大学社会人類学教授。 E.タイラーや W. R.スミスの影響で比較宗教学的関心をいだき,1890年『金枝篇』 The Golden Bough (3版,12巻,1907~15,省略版,1巻,22) を出版,呪術と宗教を区別して,思考様式の発展を呪術→宗教→科学と段階づけた。その研究はすべて文献に基づいたものであり,フィールドワーク欠落によるその恣意性がしばしば指摘される。しかし文学と人類学の広い範囲で果した貢献は大きく,数々の賞を得,1914年にナイトの称号を与えられた。ほかに『トーテミズムと外婚制』 Totemism and Exogamy (1910) ,『旧約聖書フォークロア』 Folk-Lore in the Old Testament (18) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フレーザー(James George Frazer)
[1854~1941]英国の人類学者・古典学者。膨大な資料を駆使して未開文化の風俗習慣や信仰を研究。主著「金枝篇」では呪術(じゅじゅつ)や宗教の進化理論を展開した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フレーザー【George Sutherland Fraser】
1915‐80
イギリスの批評家,詩人。スコットランド出身。詩集《故郷の哀歌》(1944)以来,オーデンらの政治詩とは異なる詩風を示したが,批評家としての活躍のほうがめざましい。《現代作家とその世界》(1953),《幻視と修辞》(1959)は現代文学概論としてすぐれ,《イェーツ》(1954),《ディラン・トマス》(1957),《エズラ・パウンド》(1960)などの詩人論も記憶される。1950‐52年,文化使節として来日した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フレーザー【James George Frazer】
1854‐1941
イギリスの社会人類学者。グラスゴーに生まれ,ケンブリッジ大学で古典学を修め,1879年そのフェローとなる。1907‐08年の1年間リバプール大学社会人類学教授をつとめたが,これがイギリスの大学における社会人類学の最初の講座であった。終生ケンブリッジにとどまり,21年トリニティ・カレッジ教授に就任。全世界の民族誌資料,西洋古典・民俗学資料を博捜し,人間の宗教的思考の諸形態を集成した《金枝篇》全13巻(1890‐1936)がその代表作である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フレーザー【Simon Fraser】
1776‐1862
アメリカの探検家。ニューヨークの王党派(ローヤリスト)の息子として生まれ,幼少のころケベックに移住。1792年から北西会社で働くようになり,1805年以降,ロッキー山脈以西の担当者となる。現在のブリティッシュ・コロンビア州の奥地に会社の駐在所を次々に設営し,そのかたわら測量に従事。1808年にはのちに彼の名を冠されることになるフレーザー川を水源から河口近くまでたどった。1820年ごろに引退。【大原 祐子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

フレーザー
(Sir James George Frazer サー=ジェイムズ=ジョージ━) イギリスの文化人類学者、民俗学者。宗教の呪術起源論は有名。主著「金枝篇」。(一八五四‐一九四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレーザー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フレーザーの関連情報

関連キーワード

チェーホフウィルヘルムプルジェワリスキー内閣総理大臣ウィルヘルム[1世]セリュジエ原田豊吉フランクベルナールレントゲン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation