@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フローラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フローラ
Flora, Francesco
[生]1891.10.27. コッレサンニータ
[没]1962. ボローニャ
イタリアの批評家。雑誌『クリティカ』の編集主幹をつとめ,『近代文学』 Letteratura moderneを創刊。未来主義やダンヌンツィオの影響を受け,クローチェの理想主義的美学を根底にして,の音楽性や形式に重点をおいた批評活動を展開。主著『ロマン主義から未来主義へ』 Dal romanticismo al futurismo (1921) ,『イタリア文学史』 Storia della letteratura italiana (40~42) ,『レオパルディの詩学と詩』 Poetica e poesia di Giacomo Leopardi (49~50) ,『イタリア現代作家論』 Scrittori italiani contemporanei (52) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フローラ(〈ラテン〉Flora)
《「フロラ」とも》
ローマ神話の、花と豊穣(ほうじょう)と春の女神。
(flora)「植物相(しょくぶつそう)」に同じ。
[補説]作品名別項。→フローラ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フローラ【Flora】[絵画]
ティツィアーノ絵画カンバス油彩。縦79センチ、横63センチ。高級娼婦をモデルに花と豊穣の女神フローラを描いたものとされる。ティツィアーノの初期の代表作の一。フィレンツェウフィツィ美術館所蔵。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

フローラ
アサヒシューズが販売するカジュアルシューズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フローラ
イタリア、ルネサンスの画家ティツィアーノの絵画(1515)。原題《Flora》。花と豊穣の女神フローラと娼婦のフローラの両方の姿を描いたものとされる。初期の代表作の一つ。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フローラ【Francesco Flora】
1891‐1962
イタリアの文芸評論家。B.クローチェの影響を受けて執筆した《ロマン派から未来派へ》(1921)を皮切りに著作活動に入る。ファシズム期には《ラ・クリティカ》誌の編集長を務め,反体制的姿勢により教職を追われる。1952年からボローニャ大学文学部教授。《20世紀の文化》(1934),《エルメティズモの詩》(1936),《現代詩学論考》(1949)などが主著であるが,《イタリア文学史》(全5巻。初版1940,増補改訂版1962)こそは彼の評論活動の集大成であり,F.デ・サンクティスに次ぐイタリア文学史の古典ともいうべき大著である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵

フローラ
植物相」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

精選版 日本国語大辞典

フローラ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フローラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フローラの関連情報

関連キーワード

バーナムワイルドマッキム・ミード&ホワイトイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティデュリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation