@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フローリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フローリー
Florey, Howard Walter
[生]1898.9.24. アデレード
[没]1968.2.21. オックスフォード
オーストラリアの病理学者。アデレード,オックスフォード両大学で学び,1935~62年,オックスフォード大学病理学教授。組織の炎症や粘膜の分泌物を研究し,A.フレミングが発見したリゾチーム分離に成功。さらに 39年,やはりフレミングが発見したペニシリンの分離と精製に,同僚の E.チェーンとともに成功した。ペニシリンはその後大量生産され,第2次世界大戦中に多く人命を救った。その功績によりフレミング,チェーンとともに 45年,ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フローリー
Flory, Paul John
[生]1910.6.19. イリノイ,スターリング
[没]1985.9.9. カリフォルニア
アメリカの物理化学者。 1934年オハイオ州立大学で学位を取得したのち,デュポン社,スタンダード石油会社などの研究所で合成繊維,合成ゴムなどの商業的に大成功を収めた重合体 (高分子物質) を研究・開発。コーネル大学教授 (1948) ,メロン研究所所長 (56) ,スタンフォード大学教授 (61) 。さらに,塊状および溶液状態にある高分子の物理的な研究,高分子の生成過程の研究など,非常に広範囲にわたって基礎的な研究を行なった。また高分子の化学構造と物理的性質を知るためには,分子の大きさと形を知る必要があることを示し,その方法の1つとして,高分子溶液粘性から分子量と広がりを割出す「フローリーの式」などを考案した。今日のプラスチック全盛時代の生みの親の1人であり,74年ノーベル化学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フローリー(Howard Walter Florey)
[1898~1968]英国病理学者オーストラリアの生まれ。ペニシリンの有効性を確認し、その精製と量産化に貢献した。英国首相チャーチル肺炎から救ったことでも知られる。1945年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フローリー(Paul John Flory)
[1910~1985]米国の化学者。高分子物理化学のさまざまな分野理論実験の基礎を築き、重合反応、高分子溶液の熱力学的性質と粘性、鎖状高分子統計力学などに多くの業績を残した。1974年ノーベル化学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フローリー【Howard Walter Florey】
1898‐1968
イギリスの病理学者。オーストラリア南部のアデレードに生まれ,1917年アデレード大学に入学して医学を学び,22年オックスフォードのモードレン校に移り,後にケンブリッジ大学,ロンドン病院で医学の研究を行った。25年アメリカに遊学した後,27年イギリスに戻り,28年ケンブリッジ大学病理学講師となり,シェフィールド大学病理学教授(1931),オックスフォード大学病理学教授(1935)。チェーンE.B.Chainとともに,A.フレミングが1929年に報告したペニシリンの研究に着手し,ペニシリンの性状を明らかにするとともに,40年には動物の連鎖球菌感染症のペニシリンを用いた治療実験に成功した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

フローリー
(Sir Howard Walter Florey サー=ハワード=ウォルター━) オーストラリア生まれのイギリスの病理学者。ペニシリンの効能と製造法を研究。一九四五年フレミング、チェーンとともにノーベル生理学・医学賞受賞。(一八九八‐一九六八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フローリー
フローリー
Flory, Paul John

アメリカの高分子化学者.1931年インディアナ州のマンチェスター大学を卒業後,オハイオ州立大学大学院で物理化学を専攻し,1934年学位を取得.同年デュポン(DuPont)社に入社,W.H. Carothers(カローザス)のもとで研究して,はじめて高分子の世界に入り,高分子研究に物理化学的手法を導入した.1937年Carothersの死とともにデュポン社を去り,1937年シンシナチ大学,1940年スタンダード石油,1943年グッドイヤー,1948年コーネル大学,1957年メロン研究所,1961年スタンフォード大学など産学双方で活躍した.高分子の物理化学,とくに高分子の構造,物性,重合反応,溶液などを統計力学,熱力学的方法を用いて理論化した.その功績により,1974年ノーベル化学賞を受賞した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フローリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フローリーの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation