@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フン

世界大百科事典 第2版

ふん【フン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フン
ふん
Hun

4世紀、ヨーロッパに侵入した北アジアの遊牧騎馬民族。その名は170年に記されたギリシアの地理学者プトレマイオスの書にもみえ、当時彼らがドン川とボルガ川との間に住み、その後続部族はシルダリヤ近隣にいたことがわかる。4世紀の中ごろから西方へ移動し始め、ドン川東岸のアラン人を併合し、374年ドン川を渡って東ゴート王国を攻め滅ぼし、ついでドニエステル川を渡って西ゴートを破り、これらの諸族を併合したが、西ゴート人の一部はローマ帝国に請い、トラキアに入居した。これは後の民族大移動の原因となった。フン王ウルディスの時代、彼らはドナウ川を渡ってブルガリアに入ったが、ローマ帝国は彼らを懐柔し、フン人はローマ軍の傭兵(ようへい)として働いた。アッティラがフン王となると(434)、西ローマ帝国への侵入を開始、ライン川を渡って北フランスに軍を進め、451年カタラウヌム平原で、西ローマ軍と激戦が行われた。勝利を得なかったアッティラは一時パンノニアに帰り、翌年イタリアに転進、ローマに迫ったが、教皇レオ1世の説得をいれ、パンノニアに帰り、453年に死んだ。彼の死後は子孫の間に争いが絶えず、カスピ海よりライン川にまたがるフンの大王国は分裂、微弱化し、ブルガール人、アバール人に吸収混融し去った。フン人とモンゴルに繁栄した匈奴(きょうど)とが同族ないしはその子孫であろうとの学説は、遊牧を基礎とする生活様式、風習、遺物形式、匈奴の西方移動とフンの中央アジア出現時期の合致、その使用言語の同一(古代トルコ語)のほか、中国の『魏書(ぎしょ)』がアッティラやその子孫のフンのことを匈奴と記していることなどから主張されている。少なくとも巨視的にみて、両者が同一系統の民族であることは疑いない。

[内田吟風]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フン

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation