@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブコビナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブコビナ
Bukovina
東ヨーロッパの地域名。カルパチア山脈東北部とそれに続く平野部をさす。6~12世紀ウクライナ人,ルーマニア人が移住。その後オスマン帝国,続いてロシアに帰属。 1775年以来オーストリアに併合され,第1次世界大戦を契機にルーマニア領となった。しかし 1940年「ウクライナ人のウクライナ」を主張するソ連はチェルノフツィ市を中心とする北部を占領。 47年パリ平和条約によって北部 (約 8400km2) はソ連,南部 (約 4900km2) はルーマニアに帰属することが確認された。住民は北部のウクライナ人,南部のルーマニア人を中心に,ロシア人,ユダヤ人,ドイツ人など。全地域の半分近くがモミブナ (ブコビナの名称はスラブ語のブナ bukに由来) の森林で,製材業が盛ん。プルト川,シレト川流域の平野部ではトウモロコシ,テンサイ,オオムギジャガイモなどを産する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブコビナ【Bukovina[ロシア]】
カルパチ山脈の中央部から南東部にかけての森林の多い丘陵地帯で,現在北部はウクライナ,南部はルーマニアの領土である。カルパチ山脈の峠を越えて西方トランシルバニアハンガリーへ通じ,またドニエストル川,プルート川,シレト川によって黒海と結ばれているこの地方は,商業・軍事上の要地であったが,独立した国家組織をもったことはなかった。 10世紀にキエフ・ロシアの支配下におかれ,12~13世紀にはガリツィア・ボルイニ公国に属したが,〈ブナの森のくに〉を意味するこの地名が初めて文献に現れたのは1392年であり,14世紀以降に一つの地域を形成するようになったとみてよいであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブコビナ
ぶこびな
Bukovina

ヨーロッパ東部、ウクライナとルーマニアにまたがる地域の歴史的呼称。カルパティア山脈北東の山麓(さんろく)地方をさし、シレト川、プルート川、ドニエストル川の上流地帯にあたる。面積4031平方キロメートル。北部はウクライナに属し、住民の多数はウクライナ(ルテニア)人。南部はルーマニア領で、ルーマニア人を相対多数とする多民族が住む。トルコ領であったが、1774年にオーストリア(当時)のガリツィア地方に編入された。1919年にルーマニア軍により占領され、パリ平和会議でもルーマニア領とされた。1940年6月にソ連はベッサラビアとともにブコビナの割譲をルーマニアに要求、ドイツが難色を示したので、ブコビナは北部のみがソ連に帰属、1991年のソ連解体でウクライナ領となった。

[木戸 蓊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブコビナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブコビナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation