@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブザンソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブザンソン
Besançon
フランス東部,ジュラ山脈北西部ドゥー県の県都。曲流するドゥー川沿岸の岩山上にケルト人の町として発達。カエサルによって前 58年占領され,のちにアウレリウスによって植民地となった。2世紀後半から大司教管区。 11世紀には神聖ローマ帝国の支配下に入り,1184年 F.バルバロッサによって自由都市となる。その後,ブルゴーニュ公領を経て,スペイン=オーストリア治下に入って栄え,1678年フランス領となる。工業は 18世紀にスイスヌーシャテルなどから導入された時計工業と絹織物が中心。ガロ・ローマ時代の城,凱旋門,水道,劇場のほかに,12~16世紀の大聖堂。 17世紀ボーバンの手になる要塞や,16~18世紀のグランベル宮 (現民俗博物館) ,旧市庁舎,裁判所などの史跡が多い。ラムイエールの温泉やカジノもあり,観光業も盛ん。人口 11万7599(2008)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブザンソン(Besançon)
フランス中東部、ブルゴーニュ‐フランシュ‐コンテ地方ドゥー県の県都。ドゥー川沿いにあり、旧市街は、ルイ14世の時代に軍事技術者ボーバンが築いた城砦に囲まれる。時計や精密機械などの工業が盛ん。作家ビクトル=ユゴー、映画を発明したリュミエール兄弟の生誕地。国際音楽祭や指揮者コンクールの開催地として世界的に知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブザンソン【Besançon】
フランス東部,フランシュ・コンテ地方の中心で,ドゥー県の県都。人口11万9000(1990)。ジュラ山脈の麓に位置し,旧市街はドゥー川のメアンダー(蛇行)の内側にあって,ボーバンのつくった城砦(17世紀)によって守られている。行政,文化(大学と音楽祭),商業,法律,宗教(大司教座の所在地),工業の中心。時計,精密機械,化学繊維,モロッコ革の製造のほか印刷等が盛ん。鉄道と高速道路の幹線からはずれているが,小さな空港がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブザンソン
ぶざんそん
Besanon
フランス東部、フランシュ・コンテ地方の中心都市で、ドゥー県の県都。パリ南東393キロメートル、ドゥー川沿いに位置する。人口11万7733(1999)。旧市街はドゥー川の曲流部に囲まれた岩山上の絶景地を占め、フランスの軍事技術者ボーバンの築いた城塞(じょうさい)に守られている。ガリアの主要都市でブゾンチオVesontioと称したが、カエサル(シーザー)に征服された。12世紀に神聖ローマ帝国直轄領となるが、ルイ14世時代の1674年にフランスに併合、フランシュ・コンテの首都となった。16世紀のグランベル宮殿、ロマネスク、ゴシック、バロック様式共存のサン・ジャン寺院のほか、美術館、天文時計がある。工業は盛んで、時計、精密機械、化学繊維、既製服、モロッコ皮、食料品、印刷の諸工業が営まれる。作家ビクトル・ユゴーの生誕地。1951年以来、指揮者のコンクール(ブザンソン・コンクール)開催地ともなっている。[大嶽幸彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブザンソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブザンソンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation