@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブタン
butane
無色,炭化水素ガス特有の臭いのある気体で,炭素原子の結合様式により2種の異性体がある。 (1) n -ブタンまたは正ブタン  CH3CH2CH2CH3 。湿性天然ガス,ガソリン,石油の分解生成物などに含まれる。沸点-0.5℃。工業用燃料に使われ,またガソリンの蒸気圧を変えたり,オクタン価を高めるために添加される。水蒸気,酸素などと反応させるか熱分解するかして,合成ガス,都市ガスなどにも利用する。ブテンまたブタジエンなどの石油化学製品の原料にも使われる。 (2) イソブタン  (CH3)3CH 。湿性天然ガスや石油分解ガス中に含まれる。沸点-11.73℃。イソパラフィン類の製造原料に,液化したものはガスライター用,工業用燃料に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブタン(butane)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブタン【butane】
炭素数4個のアルカン(脂肪族鎖式飽和炭化水素)。化学式C4H10。2種の異性体がある。n‐ブタン(IUPAC名は単にブタン)CH3CH2CH2CH3は正ブタンとも呼ばれ,沸点-0.50℃,イソブタン(IUPAC名は2‐メチルプロパン)(CH3)3CHは分枝状アルカンの最も簡単なもので,沸点-11.73℃である。天然ガスの一成分として産し,また原油中に溶存し,石油精製における蒸留ガスに含まれる。重質油の熱分解(クラッキング)あるいは接触改質(リフォーミング)の際に副生する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブタン【butane】
炭素数四個のアルカン。化学式 C4H10 直鎖状のノルマルブタンと枝分かれのあるイソブタンとがあり、ともに常温では気体。天然ガスや石油分解ガスに多量に含まれる。液化しやすく、液化石油ガス( LPG )として燃料などに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブタン
ぶたん
butane
アルカンのうち炭素4個のもので直鎖状のn‐ブタンと、枝分れしたイソブタンの2種の異性体がある。普通、ブタンというとn‐ブタンをさす。n‐ブタンは天然ガス中に存在する。また石油のクラッキングによっても得られる。容易に液化し、また炭化水素系溶剤によく溶ける。液化石油ガスLPG)の成分として燃料に用いられるほか、ゴムの製造に用いられる。高温では麻酔性がある。
 イソブタンは湿性天然ガス、石油分解ガス中に含まれるが、n‐ブタンの異性化によっても得られる。燃料のほか、脱水素によるイソブチレンの製造などに用いられる。[佐藤武雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブタン
〘名〙 (butane Butan) 炭素数四個のメタン系炭化水素。正ブタンとイソブタンの二種の異性体があるが、ふつうは正ブタンをいう。化学式 C4H10 常温で無色の気体。石油系天然ガスや石油分解ガス中に含まれる。液化しやすく、燃料・化学工業用原料などに用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ブタン
ブタン
butane

C4H10(58.12).CH3(CH2)2CH3.4個の炭素原子が直鎖状に結合した飽和炭化水素で,異性体であるイソブタンと区別して,n-ブタンとよぶことも多い.また,一般式C4H10で表される炭化水素,すなわちブタンおよびイソブタンの総称としても用いられる.湿性天然ガスの一成分.石油系炭化水素の分解ガスに含まれる.実験室的には,ヨウ化エチルナトリウムから合成できる.工業的には,上記分解ガスおよびナフサから低温分留法などによって分離される.炭素鎖両末端のメチル基の相対的位置によりゴーシュ形と,より安定なトランス形の二つの回転異性体が存在する.特異臭をもつ無色の気体.融点-138.35 ℃,沸点-0.50 ℃.爆発範囲1.9~8.4体積%.容易に液化し,炭化水素系溶剤に易溶.化学的には安定である.液化石油ガスの成分として,家庭用およびガスライターの燃料に用いられる.異性化・脱水素によりイソブテンに転化できる.[CAS 106-97-8]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブタンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation