@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブックトーク

デジタル大辞泉

ブックトーク(booktalk)
あるテーマに沿って複数内容を紹介し、読書意欲を起こさせる活動多く学校図書館などで、児童生徒対象に行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ブックトーク
ぶっくとーく
booktalk
本の内容について簡潔に語ることによって、聞き手自身が読書の楽しみに気づき、読書意欲をおこすようにすること。公共図書館の児童奉仕担当司書や学校の司書教諭、学校司書によって、児童・生徒のグループまたは個人を対象として実施され、聞き手自身による新しい世界への開眼や、自発的な学習意欲の向上という点から高く評価されてきた。今後はヤング・アダルト、成人、高齢者、障害をもつ人々などの各グループや個人を対象としての展開が期待されている。実施に際しては、テーマ別または著者別に何冊かを選んでプログラムを構成し、1冊5~7分程度の話をするのが普通である。事前の準備として、聞き手の関心の把握、語るべき本の内容の熟知、何をどこまで語るかという計画、プログラムのなかでの相互の関係への配慮を必要とする。基本的な態度として、知識を与えるのではなく、読書の喜びを分け合うという姿勢がもっとも重要である。[竹内 

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

ブックトーク
教師や図書館員などが,子どもたちあるいは図書館の一般利用者を対象に,特定のテーマに関する一連の本を,エピソードや,主な登場人物,著作者の紹介,あらすじも含めて,批評や解説を加えながら一つの流れができるように順序よく紹介したもので,図書の利用を促進しようという目的を持って行う教育活動.米国でパワー(Effie L. Power 1873-1969)のLibrary Service for Children(1929)に登場したのが最初とされている.日本では1959(昭和34)年に紹介されたが,児童生徒に対する図書館紹介の一環として本を紹介したり,インフォーマルに1冊の本を紹介したりする場合など,本来の意味よりも広義にブックトークという用語が使用されている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブックトーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブックトークの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation