@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブッシュ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブッシュ
Busch, Adolf (Georg Wilhelm)
[生]1891.8.8. ジーゲン
[没]1952.6.9. バーモント,ギルフォード
ドイツ生れのバイオリニスト,作曲家。ケルン音楽院卒業後,バイオリン独奏者として名を揚げた。 1919年ブッシュ弦楽四重奏団を組織し,さらにブッシュ室内管弦楽団を創立。ベートーベン,ブラームスの作品の演奏にすぐれ,ともに世界一流の室内楽団として名声を得た。 40年以降アメリカに渡り,弟のヘルマン (チェロ) ,女婿の R.ゼルキン (ピアノ) とともに活躍した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッシュ
Busch, German
[生]1904.3.23. サンハビエル
[没]1939.8.23. ラパス
ボリビアの軍人,政治家。パラグアイとのチャコ戦争勲功を立て,1937年クーデターで政権掌握翌年民選され大統領として民族主義路線を遂行したが,39年在任中にをとげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッシュ
Busch, Julius Hermann Moritz
[生]1821.2.13. ドレスデン
[没]1899.11.16. ライプチヒ
ドイツのジャーナリスト,著述家。アメリカ,パレスチナ,エジプト,ギリシアを旅行して旅行記を残した。 1866年プロシア政府に入り,70年ビスマルクの報道官となって普仏戦争従軍主著ビスマルク伯とその部下』 Graf Bismarck und seine Leute (1878) ,『われら宰相』 Unser Reichskanzler (84) ,『ビスマルクとその業績』 Bismarck und sein Werk (98) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッシュ
Busch, Wilhelm
[生]1832.4.15. ウィーデンザール
[没]1908.1.9. メヒツハウゼン
ドイツの詩人,風刺画家ショーペンハウアーペシミズムの影響を受けた。『マックスモーリッツ』 Max und Moritz (1865) ,『パドバの聖アントニウス』 Der Heilige Antonius von Padua (70) ,『信心深いヘレーネ』 Die fromme Helene (72) などの詩画集があり,芸術的なカリカチュア警句を通して,市民社会の俗物性を暴露した。漫画の先駆者として,今日でも青少年に人気がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッシュ
Bush, George H.W.
[生]1924.6.12. マサチューセッツ,ミルトン
[没]2018.11.30. テキサス,ヒューストン
アメリカ合衆国の政治家。第41代大統領(在任 1989~93)。フルネーム George Herbert Walker Bush。投資銀行家で上院議員の父と名家出身の母のもとに生まれた。フィリップス・アカデミーを卒業し,太平洋戦争中の 1942~44年,アメリカ海軍の戦闘機パイロットとして活躍した。1948年エール大学卒業。石油会社の重役を経て 1966年連邦下院議員に当選,1971~72年国連大使,1973~74年共和党全国委員会議長を歴任し,1974~75年北京駐在連絡事務所所長。1976~77年中央情報局 CIA長官。1981年レーガン政権の副大統領。1988年11月の大統領選挙勝利を収め,翌 1989年1月第41代大統領に就任。同年12月ソビエト連邦のミハイル・ゴルバチョフと行なったマルタ島沖首脳会談(→マルタ会談)で,第2次世界大戦後 40年以上にわたった東西冷戦に終止符を打ち,また 1991年の湾岸戦争でもみごとな手腕を発揮し成功を収めるなど,外交面の実績で高い人気を保持した。しかしその反面,アメリカ経済の停滞が続き国内政策面での批判が高まり,1992年の大統領選挙では民主党のビル・クリントン候補に敗退した。2011年大統領自由勲章を受章

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッシュ
Bush, George W.
[生]1946.7.6. コネティカット,ニューヘーブン
アメリカ合衆国の政治家。第43代大統領(在任 2001~09)。第41代大統領ジョージ・H.W.ブッシュの長男として生まれる。1968年エール大学卒業,1968~73年テキサス州軍航空隊で戦闘機の操縦士を務めた。1975年ハーバード大学ビジネス・スクールで MBAを取得し,石油・ガス探査会社を創設し経営に携わった。1978年下院議員に立候補したが落選。1989~94年大リーグのテキサス・レンジャーズの共同経営者を務める。1994年テキサス州知事選挙に勝利し,1998年再選を果たした。共和党の指名を得て臨んだ 2000年11月の大統領選挙では,「思いやりある保守主義」を掲げ民主党のアル・ゴア候補と対決,選挙は接戦の末にフロリダ州での勝敗次第という事態になった。同州の開票結果に関する訴訟合戦にもつれこみ,連邦最高裁判所の判断によって当選が決まった。2001年9月11日にアメリカ同時テロが発生し,テロの脅威を前に政権はアフガニスタン攻撃,イラク戦争へと突き進んだ。2004年再選されたが,イラク安定化に向けた占領と復興をはじめとする外交政策は評価が国内外で賛否両論に分かれ,2008年には未曾有の金融危機に見舞われた。2009年任期満了により引退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ブッシュ(bush)
低木。低木の茂み。やぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブッシュ【Adolf Busch】
1891‐1952
ドイツのバイオリン奏者,作曲家。ケルン音楽院でバイオリンを,ボンで作曲を学ぶ。16歳のときM.レーガーに認められ,のちにレーガーの室内楽作品の優れた演奏を行った。1919年にブッシュ弦楽四重奏団を結成,とくにベートーベン後期の弦楽四重奏曲の卓越した解釈で知られた。30年代後半にはイギリスで,バッハヘンデルの演奏を中心とするブッシュ室内管弦楽団を組織するほか,弟のチェロ奏者ヘルマンHermann B.(1897‐1975),ピアニストのR.ゼルキンとともにトリオを結成するなど,室内楽の分野で他の追随を許さぬ活動を展開した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブッシュ【Vannevar Bush】
1890‐1974
アメリカの電気工学者。第2次世界大戦中の科学動員,なかでも原爆開発を指揮した科学行政官として著名。マサチューセッツの牧師の家に生まれる。タフト大学修了後,1913年GE(ゼネラル・エレクトリック)社に,14年海軍に勤める。14年から17年にタフト大学で教鞭をとる。第1次世界大戦中は海軍で潜水艦用部品の開発に従事。19年MIT(マサチューセッツ工科大学)の助教授,23年同教授となり,32年には工学部長,副学長をつとめる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブッシュ【Wilhelm Busch】
1832‐1908
ドイツの詩人,画家,漫画家。ハノーファーの雑貨商の長男に生まれ技師を目ざして工学学校に入学したが,画家にあこがれ,デュッセルドルフ,アントワープミュンヘンに絵を学んだ。しかしルーベンステニールスの作品やミュンヘン画壇の歴史画に圧倒され画家を断念,芸術家グループ〈若いミュンヘン〉に参加,絵入りユーモア週刊誌《フリーゲンデ・ブレッター》などに戯画に詩をそえた物語を書いて成功した。2人のいたずら小僧を描いた《マックスとモーリツ》(1865),《敬虔なヘレーネ》(1872),《クノップ夫妻》(1876)などで,小市民的道徳と人間衝動の矛盾およびそれによって暴露される俗物の偽善を風刺したが,彼の本質はダーウィン主義とショーペンハウアー的ペシミズムの結合に基づく諦念にあり,社会批判にまでは至らなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶっしゅ【ブッシュ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブッシュ【Busch; bush】
やぶ。茂み。叢林そうりん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

ブッシュ
1890-1974.米国マサチューセッツ州生まれ.電子工学者,科学行政官僚.大学教員を歴任後,1938年,ワシントン・カーネギー研究所(Carnegie Institution of Washington)所長に就任.この間,アナログ式電子計算機や文献検索システムであるラピッドセレクター(Rapid Selector)を開発した.1941年,連邦政府の科学研究開発局(Office of Scientific Research and Development)局長に就任.マンハッタン計画の統括など,第二次大戦中の米国科学技術政策を指導した.1945年の論文“As We May Think”(人の思考のように)では,発達した科学技術を用いて情報の社会的蓄積・流通を円滑にする構想を発表.この論文には仮想的な個人用情報管理システムであるメメックス(Memex)の提案とハイパーテキストの原型となる着想が含まれており,これらが後年のパーソナルコンピュータやワールドワイドウェブ(World Wide Web)の開発を先導したといわれている.1950年,全米科学財団(NSF)の創設でも指導的役割を果たした.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ブッシュ
生年月日:1904年3月23日
ボリビアの軍人,政治家,大統領
1939年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ブッシュ
〘名〙 (Busch bush) やぶ。茂み。叢林(そうりん)。〔万国新語大辞典(1935)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッシュ
(Adolf Georg Wilhelm Busch アドルフ=ゲオルク=ビルヘルム━) ドイツのバイオリン奏者。ベルリン高等音楽学校教授を経て、一九一九年ブッシュ弦楽四重奏団を組織。世界第一流の室内楽奏者として活躍。(一八九一‐一九五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ブッシュ
George Herbert Walker Bush
1924〜  
アメリカ合衆国第41代大統領(在任1989〜93)
マサチュセッツ州出身。1967年に共和党の下院議員として初当選。ニクソン政権下で国連大使,在北京連絡事務所長,アメリカ中央情報局(CIA)長官を歴任し,レーガン政権時代には副大統領となった。1988年の大統領選挙に勝利。1989年のゴルバチョフとのマルタ会談で冷戦の終結に合意し,91年には湾岸戦争でイラクと戦って勝利をおさめた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッシュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブッシュの関連情報

関連キーワード

バーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation