@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブッダガヤー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブッダガヤー
Buddh Gayā
インド,ビハール州のガヤー市の南方にある釈尊が悟りを開いた聖地。別称,ボドガヤー Bodh Gayā,ボダガヤー Bodh Gayā。6年間の苦行ののち,釈尊は苦行を捨ててこの地に来,ここの菩提樹の下で禅定のうちに覚者 (仏陀) となった。アショーカ王はここに精舎を建て,4世紀には大菩提寺が建てられ,仏教の一大中心地となった。その後ジャングルの中に埋もれていたが,1881年イギリス人 A.カニンガムたちが大塔を発見し,修築して原形に復した。現在,中国寺,チベット寺,日本寺など各国の仏寺が建てられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶっだがやー【ブッダガヤー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブッダガヤー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブッダガヤーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation