@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ブナ林【ブナりん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ブナ林
ブナりん
日本の温帯の代表的な夏緑広葉樹林。古代から日本の山地自然林を形成してきた。縄文時代以来,人々は,生息する自然の恵みによって生活を立て,日本文化の源泉である山住み文化をはぐくんできた。しかし第2次世界大戦後,より効率的な森林利用を目的として,成長の速いスギヒノキなどの植林が進み,特に 1955~65年頃の人工造林(→造林)の拡大によって,ブナ自然林は急速に伐採された。その後,これが山河の荒廃,自然災害の発生などにつながることが認識され,また木材需要の減退とも相まって,しだいにブナ林保護の動きがみられるようになった(→森林破壊)。1989年林野庁による「森林生態系保護地域」が制度化されると,ブナの原生林が残る白神山地などが指定地域となり,保護が本格化した。日本海側と太平洋側では林相や遺伝情報の異なる森林類型をもつ。(→ブナ科

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブナ林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ブナ林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation